💻Curation game[きゅれげ]🎮

E-sports向けのゲーミングPCやクリエティブ用PCを中心に生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

ジャンル別人気PCゲームと快適に遊べるゲーミングPCスペックを紹介

ジャンル別人気PCゲームと快適に遊べるゲーミングPCスペックを紹介

コロナの影響でstay home(おうちですごそう)のためPCゲームで遊ぶ方が非常に増えましたね!新しくPCゲームを始めた方やPCゲーム熱が再燃した方向けに人気PCゲームとタイトル別に快適に遊べるゲーミングPCを紹介します。

記事公開日:2020/04/29 作成
最終更新日:2020/05/03 更新1回目 タイトル追加

 

目次

PCゲームのススメ

普段、スマホのソシャゲ・ガチャゲを暇つぶしに遊んでいる方は多いでしょうがPCゲームをガッツリ遊んだ経験はあまりない方向けにPCゲームの醍醐味をまずは紹介します。

【Pay to Winで人気のPCゲームはない】

Pay to win

スマホのガチャありきのソシャゲではPay to Win(課金した額で強さが決まる)が当たり前ですがPCゲームではPay to Winは非常に不人気で、課金はDLC(ゲーム内容の追加)やスキン(見た目が変わる)であったりプレイしていればそのうち開放できる機能を早めに開放する多少の利便性UP程度です。

【大画面の美麗グラフィックで没入感が高い】

綺麗なPCゲーム

映像面でもPCゲームは優れており、スマホの小さな画面では体験できない没入感があります。家庭用ゲーム機(PS4・Switchなど)でも遊べるPCゲームが一部ありますが、家庭用ゲーム機は性能が低いので1秒間に表示されるコマ数が30コマ(30FPS)に制限されていたり画質自体も荒くなっています。

PCゲームだと144FPSやWQHD・4Kなど高FPS高解像度でもプレイできます。

一方で高画質や高FPSそして高解像度を追求する場合はPCの必要なスペックも上昇していきます。

【オフラインゲームや対人ではないCoopゲームも充実】

オフラインPCゲーム

対戦系のゲームは疲れるし、まったり遊びたいという方にもPCゲームはオススメです。オフラインゲームや協力プレイで楽しめる人気のタイトルも数多く揃っています。

【Modで好みのゲームバランスにできる】

PCゲームはMODが醍醐味

スマホや家庭用ゲームタイトルだと提供されたバランスでしか遊べませんし拡張性も公式から提供されるDLCやパッチに頼らなくてはなりません。

PCゲームではModと呼ばれる公式以外のユーザーが作成したデータを入れることでオリジナルの追加要素を楽しむことが出来ます。対戦系のゲームでは強さに直結するModはBAN(アカウント凍結)対象になるので、オフライン系のゲームやシミュレーション系の箱庭系ゲームでModは人気です。

PCゲームネット販売の世界最大手SteamではModに対応したゲームの場合、Steam内で人気のModを探したり、ワンボタンでModを追加できるので非常に便利です。

PCゲームを遊ぶには

PCゲームを遊ぶためにはゲーミングPCとネット環境が必要です。

ゲーミングPC

画像はドスパラ ガレリアXFより引用

PCゲームではグラフィック性能やCPUの演算能力が重要となるため、一般的なPCよりそれらの性能に特化した「ゲーミングPC」が必要となります。特にグラフィック性能については一般的な家庭用PCだと最低限しか備わっていませんが、ゲーミングPCにはグラボと呼ばれるグラフィック処理に特化したパーツが搭載されています。

PCの構成は非常に幅が広く、新製品も毎年のように出るので、PCゲームでは公式から「推奨スペック」と呼ばれる目安となるスペックが公開されます。

ネット環境

 

ネットを見る程度であればネット環境はあればよいだけなのですが、PCでゲームをする際は高速で安定したネット環境が必要になります。無線LAN(Wifi)より有線LANが推奨されます。ネット回線が安定しなかったり遅いとPCのスペックが足りていてもゲーム中にラグや遅延そして最悪切断してゲームが中断されてしまいます。

ジャンル別人気PCゲームタイトル

ゲームタイトルとゲームのPC要求スペック 価格(2020/04/27時点)の順に掲載しています。

バトルロワイヤル

大人数の対戦ゲームです。徐々に狭まるエリアの中で最後の1人(1チーム)になるまで戦うのがどのタイトルでも共通しています。2017年より爆発的に広がった新しいゲームジャンルです。

Fortnite 軽いゲーム 基本プレイ無料

www.epicgames.com

若い世代に非常に人気の高いバトロワゲームがFortniteです。スマホやSwitchでもプレイ可能ですが、高FPS高解像度でのプレイを求めてPC版を遊びたい方が多いタイトルですね。

Fortniteの推奨スペック解説記事

 

APEX LEGEND 普通のゲーム 基本プレイ無料

www.ea.com

2019年にいきなりサービスINして多くのユーザーがプレイしたバトロワゲームです。2020年も引き続き人口が多いですね。

APEXの推奨スペック解説記事

 

PUBG 普通のゲーム 3,300円

www.pubg.com

上記2タイトルより早く人気となった老舗バトロワゲームです。

PUBGの推奨スペック解説記事

FPS

バトルロワイヤルより狭いエリア・少人数での対戦ゲームです。一般的に銃が武器となります。

CoD MW 普通のゲーム 6500円

www.callofduty.com

Call of Duty 最新シリーズです。バトロワ系ゲームの人気に伴いバトロワモードのCoD Warzoneも無料でプレイ可能です。

CoD:MWの推奨スペック解説記事

 

BF5 重たいゲーム 4200円

www.ea.com

Battlefieldの最新シリーズです。一般的なFPSゲームより大規模なMAPや大人数で対戦できるのが特徴でグラフィックも美しいです。

BF5の推奨スペック解説記事

 

Rainbow six Sieage 軽いゲーム 1056円

www.ubisoft.com

私はプレイ経験がありませんが、根強い人気が続くFPSです。

Rainbow six Sieageの推奨スペック解説記事

 

サンドボックス・オープンワールド(箱庭)

サンドボックスやオープンワールドそして箱庭系ゲームと呼ばれるゲームは決められたストーリーを順々に進めていく従来のRPGと異なりユーザーが舞台となる仮想空間を自由に動き回り探索や攻略が出来るジャンルです。ゲームによってはゴールのような仕組みが用意されている場合もありますが、明確な終わりはなく際限なく遊ぶことのできるシステムとなっています。

Minecraft 軽いゲーム

www.minecraft.net

サンドボックスゲームで一つ上げるとしたら多くの方がMinecraftの名前を挙げるほど、知名度も人気度も抜群のゲームです。子供から大人まで楽しむことのできるブロック型サンドボックスゲームです。Modに対応しており、Modが盛んなゲームです。バニラ(Modなしの事)をひととおり遊んだ後でも、何倍も楽しむことができます。バニラではシンプルなゲーム画面ですが、ブロックやエフェクトそして影Modを導入することでより綺麗な映像を楽しむことが出来ます。

ゲーム自体は軽いですが画質を良くするModを導入したり、複雑で大規模な回路を設計すると要求スペックが上がります。

Minecraftの推奨スペック解説記事

ARK 重たいゲーム 5150円

store.steampowered.com

3Dサバイバル系サンドボックスゲームの中で人気の高いゲームと言えばARKですね!ARKの一番の特徴は恐竜サバイバルゲームという点ですね。発売から年数が経過していますが重たい部類のゲームです。

ARKの推奨スペック解説記事

Rim world 軽いゲーム 3600円

store.steampowered.com

オフラインのサバイバル箱庭ゲームです。不時着した惑星で拠点を作って脱出を目指すゲームですね。こちらもModが豊富で1度バニラでクリアしてからも何百時間と楽しめます。

MOBA

少人数のプレイヤーが2チームに分かれて対戦するゲーム。1試合の時間は20-40分ほどE-sportsを普及させたジャンルでプロゲーマーは数億円の賞金がかかった世界大会を目指して切磋琢磨しています。国によってはプロゲーマーはスポーツ選手や芸能人並みの年収を得ており人気も高いです。

League of Legends 軽いゲーム 基本プレイ無料

jp.leagueoflegends.com

全てのゲームの中で世界No.1のプレイ人口を誇るゲームがLoLです。プレイ人口はスポーツの野球を上回る人口です。日本サーバーでは1年間に10万人以上がランクマッチをプレイしています。

MMORPG

 MMORPGとは大規模多人数同時参加型のオンラインRPGゲームです。MMORPGの全盛期から10年以上経過し毎年登場する大型タイトルの数は減少傾向ですが、長年プレイしているユーザーも多いですね!現在人気のMOBAやバトロワ系のゲームと異なりプレイ時間がキャラクターの成長具合に直結する特徴があります。

FF14 30日1480円 無料期間あり

jp.finalfantasyxiv.com

国産かつ世界的にも人気のMMORPGで日本だとNo.1のMMOと言ってもよいでしょう。MMO初プレイならまずはFF14をオススメします。

FF14の推奨スペック解説記事

 

その他のゲーム

Dead by Daylight 軽いゲーム 1980円

store.steampowered.com

プレイヤーを襲う側(1名)と逃げ回るプレイヤー側(4名)の非対称人数型対戦ゲームです。このタイトルも人気が根強いですね。私はまだ遊んだことがないので気になっています。

 DbDの推奨スペック解説記事

 

GTA5 軽いゲーム 4850円

store.steampowered.com

クライムアクションゲームと呼ばれる現代都市で強盗などの犯罪プレイを楽しむジャンルで最も人気なのがGTAシリーズです。家庭用ゲーム機でも発売されているのでプレイしたことがある方も多いですよね。

GTA5の推奨スペック解説記事

 

レッドデットリデンプション2 重いゲーム 8600円

www.rockstargames.com

GTA5を製作したゲーム会社の新作タイトルでPC版は2019年秋に発売されました。同じく自由度の高いゲームですがこちらは西部開拓時代後の近代アメリカが舞台となっています。

RDR2の推奨スペック解説記事

 

モンスターハンターワールド 重いゲーム 4850円

www.capcom.co.jp

2004年にPS2で発売されたモンスターハンターシリーズの最新作がモンスターハンターワールドです。モンハンのように家庭用ゲーム機とPCの両方で遊べるゲームはPCの方が画質が良く、FPSの制限もないのでPC版を好んでプレイする方が多いですね。

モンハンワールドの推奨スペック解説記事

人気PCタイトル別の快適に遊べるゲーミングPCスペック

まだまだ数えきれないほど面白いPCゲームはありますが、今回紹介したPCゲームタイトルごとに快適に遊べるPCスペックを解説します。

ゲーミングPCの代表的な構成例

まずはPC構成の代表的な例から解説します。

【デスクトップPC】

価格に対する性能や拡張性はデスクトップPCの方が圧倒的に優れています。デスクトップPCの場合、別途モニタが必要になるほか、無線LAN(WiFi)でネットにつなぐ場合は別途Wifi子機をPCにつける必要があります。スペースが確保できる場合は極力デスクトップのゲーミングPCをオススメします。

1.最安ゲーミングPC i3-9100F & GTX1650 税込み8万円以下

最安構成のゲーミングPCです。軽いゲームなら快適に遊べます。

例えばコスパの良さで人気のドスパラ だと【ガレリアDC 】 が最安のゲーミングPCですね。

販売から年数が経過しているロングヒット系のゲームやE-sports系の対戦ゲームは要求スペックが軽い傾向にあるのでそれらのタイトルは十分快適に遊べます。

しかし、最新の重たいゲームやグラフィックが綺麗なゲームを高画質や高FPSで遊ぶことはできません。

2.コスパ重視ゲーミングPC Ryzen5 3500 & GTX1660SUPER 税込み10万円程度

ほとんどの最新ゲームの推奨スペックを満たす構成です。

同じくドスパラで【ガレリアRT5】 が売れ筋3位となっています。

多くの最新ゲームをフルHD解像度で中~高画質で快適に遊ぶことが可能ですし、軽いゲームは144FPSも狙えます。

3.配信向けコスパ重視 i7-9700F & GTX1660SUPER 税込み14万円程度

PCゲームはYoutubeやTwitchでのゲーム配信やゲーム実況が盛んですよね。

【ドスパラ人気ランキング2位モデル】 が上記のスペックに該当します。

ゲーム配信ではゲームプレイで負荷のかかっている状態で更に配信のために「エンコード」という処理を行うのでCPUのパワーがより必要となります。配信ではマルチモニタを使用したり複数のソフトを追加で立ち上げるのでメモリやグラボの負荷も多少アップします。

4.高画質高FPSの人気モデル i7-9700K & RTX2070SUPER 税込み19万円程度

やはり高画質・高FPSで遊べる構成が一番人気の用でドスパラでも【人気1位モデル】 がi7とRTX2070SUPERの構成ですね。

PC用モニタで一般的なフルHD解像度においてほぼ全ての最新ゲームを最高設定で快適に遊べる非常に人気の高い構成です。要求スペックの高くないゲームではWQHD解像度に対応したモニタでも快適に遊べます。

5.ハイエンド i9-9900K & RTX2080Ti 税込み30万円越え

研究用途など非常に高額なパーツを除きゲーミング用途として最高性能の構成です。

ここまでくると購入する方は限られてきますボーナス後などは【ガレリアZZ】 が3位くらいにランクインしてきます。

WQHDや4K解像度で高FPSを狙う方向けの組み合わせですね。ゲーマーのうち100人に1人以下の所有率(Steam調べ)でみんなが羨むハイエンドゲーミングPCです。

レイトレと呼ばれるリアルな光源処理に対応したゲームもレイトレをONにして楽しむことが出来ます。(RTX下位製品だとレイトレをONにすると快適なFPSが出せない)

【ノートPC】

ノートPCは省スペースで持ち運べる(ゲーミングノートは重たいですが…)のが利点です。その代わりゲーミング用途における拡張性や将来性がなく、性能が不足した場合は丸ごと買い替えになるほか、性能に対する価格はデスクトップPCより2-3割ほど高くなります。省スペースや持ち運びを重視する場合のみ候補となります。

6.エントリー向け i7-9750H & GTX1650H 11万円程度

ゲーミングノートPCの最新グラボ搭載モデルは最も安い【ガレリアGCR1650GF】 モデルでも10万円以上します。予算を抑える場合はデスクトップPCが良いですね。

7.ミドルレンジモデル i7-9750H & GTX1660Ti 17万円程度

ノート版のGTX1660Tiを搭載した構成であれば最新の重たいゲームも中設定程度で遊ぶことが出来るようになります。【GTX1660Tiモデル】

8.人気スペック i7-9750H & RTX2070MAX-Q 21万円程度

MAX-Qなので性能は無印より劣りますがゲーミングノートPCの大きな課題である騒音量が抑えられるほか、重量も軽くなるので外への持ち運びも許容範囲になるなど利便性や快適性に優れている人気モデルです。ドスパラではINTELと共同開発した【新作ゲーミングノートPC】 が人気ですね。

9.ハイエンドモデル i7-9750H & RTX2080 35万円以上

どうしてもノートPCでハイエンドを追求したい方にうってつけのモデルです。【RTX2080ゲーミングノートPC】 お値段もかなりの額になってきます。

みんなのゲーミングPC購入価格

いくつかのゲーミングPC構成パターンを紹介しましたが、PC構成の幅は広いですし予算との兼ね合いでどれくらいのスペックにするか悩まれる方も多いかと思われますので参考までにみんなのゲーミングPC購入価格を調べてみました。

ゲーミングPCの購入価格(2020年春)直近385台
10万円未満 10-14万円台 15-19万円台 20-24万円台 25-29万円台 30-34万円台 35万円以上
73 70 149 81 23 12 4

 ゲーミングPCの平均購入価格は15万2545円(税抜き)となりました。RTXグラボ発売から日が浅かった2019年3月に集計したときは平均18万9066円、前回の2019年秋の集計では平均16万2000円でしたので、購入ユーザーが求めるスペックに対して価格が安くなっていますね。かなりコスパが良くなってきて買い時のタイミングです。次回集計予定の2020年夏は再度上昇に転じる見込み(新製品での値上げ・コロナでのPC需要急増・夏のボーナスのため)です。

モニタなどの周辺機器や延長保証などが含まれている場合もあり、カスタマイズ前の基本価格より購入価格の平均は若干高くなっていると思われるのでRTXグラボを搭載したハイスペックな構成が人気のようです。

オススメゲーミングPCメーカー

最近の3DオンラインゲームはCPUにi5かi7。グラボはGTX1060が一般的でGTX1070やGTX1660を推奨動作環境に指定してくるタイトルも増えてきました。ゲーミングPCの買い直しや新規購入を検討されている方は、こちらのメーカーがオススメですよ。

ドスパラ

コスパNo.1メーカー。5社で似たようなスペックを比較すると大抵ドスパラの機種がコスパNo.1になります。

パソコン工房

 ときおりドスパラよりもお買い得なモデルがあるPC工房。ノートPCのコスパが良い傾向にあります。

フロンティア

 

セール品のお買い得度が高い。通常製品を選ぶ価値はあまりないかも。「○○ゲーム推奨PC」といった製品が多いがそのゲームのおまけがついてきたり、そのゲームが快適に遊べますよという事なので、お買い得な製品があれば、そのゲームを遊ぶ予定がなくても購入して問題ないです。

サイコム

徹底的にカスタマイズにこだわりたい方や、マザボや電源など各種パーツの製品名まで指定したい方などPC製品の知識がある方向けです。

マイニングベース

マイニングベース 

LEDライトでの見栄えを重視するならマイニングベースのゲーミングPCがおすすめです。 

マウスコンピューターなどその他ゲーミングPCメーカー

他にはマウスコンピューターやHP、DELL、ASUS、MSI、Razerなど色々なメーカーがゲーミングPCを販売しています。

ドスパラ以外のメーカーを比較したい場合

スペックに対する価格を重視するとドスパラの製品が優秀なので、オススメPCとしてはドスパラのゲーミングPCを中心に紹介してきました。他のメーカーも気になる方は、こちらの比較記事をご覧ください。

b2s.hatenablog.com

2020年版ゲーミングPC考察

b2s.hatenablog.com

週間人気ゲーミングPC記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>