💻Curation game[きゅれげ]🎮

ビットコインやオンラインゲームなど生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

【ゲーミングPC】グラフィックボード比較【最新おすすめ】

ゲーミングPC|グラフィックボード

ゲーミングPCに必須のパーツ「グラフィックボード(グラボ)」の解説や比較を行います。2019年の最新グラボや人気グラボもチェックしていき、価格帯別のオススメグラボを探していきましょう。

2019/05/14 作成
2019/10/21 更新5回目 最新情報に更新

アイキャッチ画像利用元:https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/graphics-cards/rtx-2060/

目次

グラボ とは

PCパーツの中でグラフィック処理を担当するパーツです。ゲームの画面を表示するために最も重要なパーツとなります。ゲーム用途ではない一般的なパソコンはグラボが搭載されておらず、グラフィック処理はCPUに組み込まれている内蔵GPUで処理しますが非力なのでYoutubeなどの動画閲覧程度であれば問題ありませんがグラフィック負荷の高いゲームではパワー不足になるため専用のパーツであるグラフィックボード(グラボ)が必要となるわけです。

ですのでパソコンで3DゲームをせずにOfficeやネットしかしないのであればグラボを搭載する意味がなく、グラボはいりません。

その他にはクリエイティブな事をPCで行う場合もグラフィックボードが必要となります。例えばPhotoshopやCLIP STUDIO PAINTなどを使ってイラストを描く場合もグラフィックボードがあるとソフトの挙動が快適になります。

グラフィックボードメーカー

www.nvidia.com

www.amd.com

グラフィックボードはNVIDIAのGeforceとAMDのRadeonから選択することになります。将来的にはIntelもグラボ業界への参入が噂されています。

グラボのシェア

NVIDIA…88%

AMD…12%

Steamハードウェア調査より

シェアは圧倒的にNVIDIAが優勢となっています。超ハイエンド製品もNVIDIA製品しかありません。

【グラボのシェア上位】

グラボ種類
2019/09 
割合
GTX1060 14.01%
GTX1050Ti 9.5%
GTX1050 5.4%
GTX1070 4.5%
GTX1080 2.7%
GTX970 2.6%
GTX960 2.4%
GTX750Ti 2.2%

Steam世界ハードウェア調査2019年09月版を元に作成しています。

約3年前から発売を続けているGTX1000シリーズのミドルレンジ帯製品GTX1060が圧倒的なシェアとなっていますが、2019年の8月にとうとう減少に転じ始めました。しかも減少率が毎月0.4%以上とGTX1060PCからの買い替えがかなり進んでいるようです。意外だったのはGTX1050のシェアが先月より伸びている点です。GTX1050はかなり安めのグラボなので日本より所得が低い国向けに生産販売が続いているのかもしれませんね。

最新モデルのシェア状況もチェックしてみましょう。

【最新グラボのシェア】

グラボ種類 割合
RTX2060 1.48%
RTX2070 1.45%
RTX2070 0.17%
RTX2080 0.88%
RTX2080Ti 0.51%
グラボ種類 割合
GTX1660Ti 1.13%
GTX1660 0.63%
GTX1650 0.68%

RTXシリーズだとRTX2070の売れ行きがよかったのですが、RTXSUPERが出て無印の2070は生産されなくなったため2060に逆転されました。その代わりRTX2070SUPERが速くもランクインしており今後はRTX2070SUPERがハイエンドモデルの中では人気となるでしょう。

GTX1600シリーズに関しては圧倒的にGTX1660Tiが人気です。GTX1660は性能的に中途半端なのか補助電源不要のGTX1650にシェアで負けていますね。

グラフィックボード一覧

最新グラボ

価格は2019年9月に調査

【NVIDIA】
2018年下半期からRTXシリーズが発売開始し、2019年にはミドルレンジ帯のGTX1600シリーズも登場しました。最新のグラボは2019年7月に発売されたRTX SUPERです。

グラボの単体価格は以下の通りです。

  • Titan RTX…330,000円(2018/12)
  • RTX2080Ti…150,000~180,000円(2018/08)
  • RTX2080SUPER…90,000~105,000円(2019/07)
  • RTX2080…75,000~88,000円(2018/08)
  • RTX2070SUPER…65,000~75,000円(2019/07)
  • RTX2070…52,000~57,000円(2018/10)
  • RTX2070SUPER…50,000~60,000円(2019/07)
  • RTX2060…37,000~46,000円(2019/01)
  • GTX1660Ti…32,000~38,000円(2019/02)
  • GTX1660…28,000~31,000円(2019/03)
  • GTX1650…18,000~21,000円(2019/04)

【AMD】
2019年2月にRTX2080に匹敵するRadeonⅦを発売しています。直近では2019年7月に新作のグラボRX5000シリーズを発売しました。

  • RadeonⅦ…85,000~90,000円(2019/02)
  • RX5700XT…48,000~55,000円(2019/07)
  • RX5700…40,000~50,000円(2019/07)

グラフィックボードの性能差

グラフィックボードの価格帯が分かったので、次はグラボごとの性能差を見ていきましょう。

上のグラフは有名なベンチマークソフト3DMARKのTimespyでグラボごとの性能を測定した数値になります。DX12で動作するため最新ゲームでのパフォーマンス測定で参考になるベンチマークです。高いほど性能が高いことになり、高価なグラボほど性能が高いことが分かります。

同一グラボでも性能差がある

また、グラボのブランド名(RTX2070など)が同じでも販売するメーカーによって性能が変わりますし、同一メーカーから高性能なRTX2070と安価なRTX2070といったように複数のモデルが販売されます。

【RTX2070での性能差】

メーカー グラボ CPU メモリ 3DMARK FF14 FF15 SteamVR
ドスパラ
RTX2070 i7-8700 16GB 8686 17176 9575 18752
RTX2070 i7-8700 16GB 8593 17316 9230 18486
マウス
RTX2070 i7-9700K 16GB 8530 17760 9088 17669
RTX2070 i7-9700K 16GB 8440 17651 9068 17668

上の表は私が2019年1月から8月にかけてメーカよりお借りした実際の4機種で測定したベンチマーク数値です。ドスパラのモデルの方がCPUの世代が1世代古くKがついていない1ランク低いモデルなのですがベンチマークの数値は高くなっています。

これはグラボの性能差が表れておりマウスコンピュータのRTX2070グラボよりドスパラのRTX2070グラボの方が若干高性能だということが分かります。

BTOゲーミングパソコンではグラフィックボードのブランドや型番までは指定できないので基本的にはRTX2070ならRTX2070の中で安価なモデルが搭載されていると思って下さい。

どうしても気になる方は価格が若干上がりますが、サイコム だとカスタマイズでグラボを含むすべてのメーカーと型番が指定出来るのでオススメです。

型番とかメーカーの違いが分からないけど、コスパよく購入したい方は上の比較でも性能が高かったドスパラ がよいでしょう。

デスクトップグラボとノートグラボの性能差

他には、同じRTX2070でもデスクトップに搭載されているRTX2070とノートに搭載されているRTX2070ではデスクトップ版の方が性能が高くなります。

【デスクとノートPCグラボの性能比較】

PC グラボ CPU メモリ 3DMARK FF14 FF15 SteamVR
デスク RTX2070 i7-8700 16GB 8686 17176 9575 18752
ノート RTX2070 i7-9750H 8GB 7277 13349 7765 15589
               
デスク RTX2060 i7-9700K 16GB 7547 16980 8039 14567
ノート RTX2060 i7-9750H 16GB 5877 13410 6465 11280
               
デスク GTX1660Ti i7-8700 8GB 6278 14678 6787 12005
ノート GTX1660Ti i7-9750H 8GB 5695 12349 6238 11148

 上の表を見ると同じRTX2070でもデスクトップ版とノート版では明らかな性能差を確認できます。その差は1グレード分もありますね。ノート版RTX2070はデスクトップ版のRTX2060と同程度のスコアです。

またノートのグラボにはMAX-Qタイプのグラボがあり、MAX-Qタイプはノートの厚みを薄くすることが可能で、発熱を抑え省電力にすることが出来る反面、更に性能が落ちます。上の表にあるノートのグラボはMAX-Qタイプではなく通常のモデルです。MAX-Qタイプはデスクトップ版と比べると2グレードほど性能が落ちます。ノートのRTX2070MAX-Qはデスクトップ版のGTX1660Ti程度です。

このようにゲーミングノートはデスクトップと比べると性能が低く、更に価格も2割ほど高くなるため極力ゲーミングデスクトップPCを推奨します。

PCゲームを快適に遊ぶのに必要なグラボは

シェアNo.1のNVIDIAから発売されているグラボだけでも10種類近くあり、価格帯も幅広いことが分かりましたが、PCゲームを遊ぶにはどれくらいのグラボが必要なのでしょうか。

当ブログでは人気ゲームを中心に各ゲームタイトルの推奨スペックを数多く紹介してきたので、人気ゲームの推奨スペックをまとめてみました。

【2018年以降に発売された大型タイトル及びロングヒットを記録しているタイトル】

GPU/CPU
ローエンド ミドルレンジ ハイスペック
i3 i5 i7
ローエンド GTX960
or
GTX1050
Sea of Thieves
Dead by Daylight
FORTNITE
Rainbow six siege
Minecraft
CODE VINE
LOST ARK
デビルメイクライ5
ミドルレンジ GTX970
or
GTX1060
  CoD:WW2
鉄拳7
PUBG
CoD:BO4
エースコンバット7
ディビジョン2
APEX LEGENDS
SEKIRO
OCTOPATH TRAVEL
FF12
Project Winter
モンハンワールド
Battlefield Ⅴ
バイオハザードRE2
Fallout76
FF14/
FF15
ダークソウル3
アサクリ オデッセイ
ANTHEM
GOD EATER3
Wolfenstein
地球防衛軍5
ハイスペック GTX1070
以上
  ニーアオートマタ METRO EXODUS
超
ハイスペック
GTX1080Ti
以上
    CONTROL

赤文字のタイトルはメモリの推奨スペックが12GBもしくは16GB

 CPUが4-6年前のi7。グラボにGTX1060(GTX970)を指定するタイトルが多くなっています。

PCゲームの推奨スペックと必要スペック(動作環境)とは

ほぼ全てのゲームで必要動作環境や推奨動作環境(スペック)が公式より公開されます。これがゲームをプレイするにあたり、どういった基準になるかと言いますと、それぞれ明記されている場合もありますが、一般的には必要スペックはゲームを起動できる最低限のスペックです。ゲーム内の設定を低にして、解像度を1280x720にすることで30FPSが出る程度が目安となります。

それに対して推奨スペックは現在最も普及しているフルHDモニタの解像度(1920x1080)でゲーム内の設定を真ん中くらいにすることで30~60FPSが出るスペックが記載されることが多くなっています。ですので、ゲーム内の設定を高画質にして安定して60FPSをキープするには推奨スペックより高い性能(特にグラボ)が必要となります。

今買うならどのグラボ?

予算が潤沢にあるなら一番高いスペックにすればよいわけですが、ほとんどの方がゲームPCにかけられる金額はある程度決まっているでしょう。

前述した推奨スペックも考えると、現在は旧モデルのGTX1060が推奨スペックの基準となっていますが、新しくでたGTX1660Ti(旧GTX1070と同程度の性能)へと今後数年で移行していくでしょうから、GTX1660Ti以上を選んでおくのをオススメします。GTX1660Tiであれば現行のゲームであれば多くのタイトルで高めの画質でプレイできますし、1-2年後もほとんどのゲームで推奨スペックを満たしているでしょう。

高解像度(WQHD以上)や144FPSに対応している高性能モニタでゲームを満喫したい方やフルHDの一般的なモニタでも最高設定でヌルヌルゲームを楽しみたい方はRTXシリーズが必要となっていきます。RTXシリーズは2060よりも2070の方がシェアが高く人気です。(通常はハイエンドになるほど購入できる人口が減るためシェアが減る)

これはRTXの新機能であるレイトレーシングをONにするとRTX2060では性能不足になり中途半端な性能であることが影響していると思われます。ですのでRTX2060よりもRTX2070SUPERやRTX2060SUPERをオススメします。

ドスパラでRTXグラボ搭載のゲーミングPCを購入するとCoD:MWが貰える

NVIDIA|ゲームバンドル

キャンペーン内容

期間:2019/09/17~2019/11/18(先着順)

RTXグラボ搭載のPCを購入すると2019年10月25日に発売されるCoD:MWが貰えるキャンペーンが始まりました。CoD:MWは約8,500円もするので、かなりお得なキャンペーンですね。

【キャンペーン適用モデル一覧】  

15万円~の12モデルが対象です。キャンペーン適用モデルには

ドスパラ|ゲームバンドルモデル

と製品名に記載されているほか、

ドスパラ|バンドル確認

「写真・特徴」欄に上記の画像が表示されていますのでバンドル目当ての方は、しっかりご確認ください。

グラボとCPU

ゲームを高画質・高いFPSを出すにはグラボが最も重要ですが、次にCPUも重要となります。PCのスペックはどこかのパーツが高価格で高性能であってもその他のパーツの性能が低いとそちらがボトルネックになってしまい高性能なパーツの性能をフルに発揮する事が出来ません。

例えばグラボにRTX2080TiというハイエンドモデルをチョイスしてもCPUがi3やi5だとCPUがボトルネックになりRTX2080Tiの性能はMAXまで発揮できません。同じようにメモリもi7やRTXシリーズを搭載しているゲーミングPCであれば8GBではなく16GBを搭載してバランスを整えておきたいです。

グラボの確認方法

現在、使用しているPCのグラボの種類を確認するには

キーボードの右下(左下)にある「Windowsキーf:id:Lezza:20180908123235p:plain」と「R」キーを同時に押すと

f:id:Lezza:20180908123310p:plain

「ファイル名を指定して実行」が表示されます。そこに「dxdiag」と入力してOKを押すと

f:id:Lezza:20180908123725j:plain

「DirectX診断ツール」が起動します。最初に表示されている画面で

OS…オペレーティングシステム欄

CPU…プロセッサ欄

メモリ…メモリ欄

で現在のスペックを確認可能です。

グラボは「DirectX診断ツール」の上の方にある「ディスプレイ1」タブをクリックすると確認できます。

f:id:Lezza:20180908123939j:plain

PCゲーマー向けのおすすめゲーミングPC紹介

今回はグラフィックボードに関する内容でした。今回の内容を踏まえてオススメのゲーミングPC構成をいくつか紹介します。

【コスパ重視】

※画像は2019/10/12時点での構成と価格です。

  • CPU :Ryzen5 2600
  • GPU :GTX1660Ti 6GB
  • メモリ :16GB
  • SSD  :256GB + 1TB HDD
  • 電源  :500W静音電源 80PLUS BRONZE
  • マザボ :B350

ゲーミングPCで有名なドスパラ は、ゲーミングPCメーカーの中で唯一キャッシュレス決済5%還元が受け取れる増税後の最強コスパメーカーです。

ドスパラの5%還元特設ページ:【キャッシュレス決済について】  

10万円以下のモデルでは【ガレリア RT5】 のコスパが非常に優秀ですね。

このモデルは2019年2月まで特価モデルとして人気を集めていた機種の後継モデルで、価格は据え置きのままグラボがGTX1060 6GBから最新グラボのGTX1660Tiになり、更に2019年10月には価格が3千円下がりました。GTX1660TiはGTX1070を上回る性能となっており、価格を抑えながらも優秀なスペックとなっています。
現在発売されているPCゲームのほぼ全てを中設定~高設定以上で遊べるコスパ抜群のゲーミングPCです。
2019/10/05 92,980円→89,980円

【コスパ重視2】

※画像は2019/10/20時点での構成と価格です。

  • CPU :i7-9700
  • GPU :GTX1660Ti 6GB
  • メモリ :16GB
  • SSD  :512GB + HDD 1TB
  • 電源  :500W静音電源 80PLUS BRONZE
  • マザボ :B365

ゲーム配信を行いたい場合はCPUの性能が高くないと配信画質が悪くなったり、ゲーム内の設定を下げないとPCが重たくなってしまうので、CPU性能が高いIntel i7かAMD Ryzen7を選びましょう。

同じくドスパラ ですと税抜き12万5000円を切る価格(モニタなし)で購入できます。【ドスパラ人気ランキング2位モデル】

このモデルにはマインクラフトのマスターコレクション(6480円相当)がついてくるのでよりお買い得です。
2019/09/24 6,000円値下げで123,980円

【スペック・快適性重視】<CoD:MWバンドルモデル>

※画像は2019/10/20時点での構成と価格です。

  • CPU :i7-9700
  • GPU :RTX2060 SUPER 8GB
  • メモリ :8GB
  • SSD  :500GB + HDD 2TB
  • 電源  :650W静音電源 80PLUS BRONZE
  • マザボ :B365

2019年7月に発売された最新グラボRTX2060SUPERを搭載した構成です。RTX2060SUPERはRTX2070と同等の性能となっています。

【ドスパラRTX2060SUPERモデル】 が15万円を切る価格で販売されています。2018年秋頃までドスパラ で人気1位だったGTX1070Ti搭載モデルが16万8千円だったので、この1年でかなりコスパがよくなっていますね。予算が許すのであれば、カスタマイズでメモリを16GBにするとバランスがよくなります。

2019年10月発売のCoD:MWの無料コードがバンドル(8,500円相当)されているので、かなりお買い得です。
2019/10/17 i7-8700→i7-9700

【よりハイスペックな構成】<CoD:MWバンドルモデル>

※画像は2019/10/20時点での構成と価格です。

  • CPU :i7-9700K
  • GPU :RTX2070 SUPER
  • メモリ :16GB
  • SSD  :500GB + HDD 2TB
  • 電源  :650W静音電源 80PLUS BRONZE
  • マザボ :B365

2019年7月に発売されたばかりのRTX2070SUPERを搭載した構成です。この構成までスペックが高まると数年間は最新ゲームがかなりの高設定で快適に遊べますし、今話題のVRゲームなども満喫できます。

同じくコスパの良いドスパラ で探してみるCoD:MWがバンドルされた【人気1位モデル】 が税抜き16万5千円を切っています。発売されたばかりのグラボを搭載して全体的なスペックが高いにもかかわらずこの価格で販売されているのはすごいの一言です。RTX2070SUPERはRTX2070より10%ほど性能が高くGTX1080Tiに匹敵する性能なので、かなりハイスペックです。またレイトレーシングという新しい画像処理機能を搭載しており対応ゲームのグラフィックがよりキレイになります。直近で有名なタイトルだとBF5やCoD:MWなどが対応しています。

RTX2070SUPERはRTX2070より単体で1万5千円以上高いのですが、このモデルは2019年6月の価格に据え置いたままグラボがRTX2070SUPERになり、そのほかのスペックも変わってないのでびっくりしました。

この機種は私も実際は触ってみましたが、高性能なスペックに相応しい快適な動作でしたよ。

b2s.hatenablog.com
2019/10/12 1万4000円値下げ

 

みんなのゲーミングPC購入価格

いくつかのゲーミングPC構成パターンを紹介しましたが、PC構成の幅は広いですし予算との兼ね合いでどれくらいのスペックにするか悩まれる方も多いかと思われますので参考までにみんなのゲーミングPC購入価格を調べてみました。

ゲーミングPCの購入価格(2019/01/01~2019/03/31)258台
10万円以下 10-14万円台 15-19万円台 20-24万円台 25-29万円台 30-34万円台 35万円以上
13 64 86 58 18 11 8

ゲーミングPCの平均購入価格は18万9066円(税抜き)となりました。RTXグラボ発売前の半年間で集計した時は18万2800円だったので、最新グラボに乗り換えた方が平均価格を押しあげているようです。

モニタなどの周辺機器や延長保証などが含まれている場合もあり、カスタマイズ前の基本価格より購入価格の平均は若干高くなっていると思われるので比較的ハイスペックな構成が人気のようです。

オススメゲーミングPCメーカー

最近の3DオンラインゲームはGTX1060やi7CPUを推奨動作環境に指定してくるタイトルが増えてきています。ゲーミングPCの買い直しや新規購入を検討されている方は、こちらのメーカーがオススメですよ。

ドスパラ

コスパNo.1メーカー。5社で似たようなスペックを比較すると大抵ドスパラの機種がコスパNo.1になります。

マウスコンピューター

G-Tune

パソコン工房

 ときおりドスパラよりもお買い得なモデルがあるPC工房。ノートPCのコスパが良い傾向にあります。

フロンティア

セール品のお買い得度が高い。通常製品を選ぶ価値はあまりないかも。「○○ゲーム推奨PC」といった製品が多いがそのゲームのおまけがついてきたり、そのゲームが快適に遊べますよという事なので、お買い得な製品があれば、そのゲームを遊ぶ予定がなくても購入して問題ないです。

サイコム

徹底的にカスタマイズにこだわりたい方や、マザボや電源など各種パーツの製品名まで指定したい方などPC製品の知識がある方向けです。

2019年版ゲーミングPC考察

b2s.hatenablog.com

週間人気記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>