💻Curation game[きゅれげ]🎮

E-sports向けのゲーミングPCやクリエイティブ用PCを中心に生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

メカニカルキーボードDN-915975レビュー

f:id:iwashi53:20211203123344j:plain

本格的なゲーミングキーボードが欲しいけど高いから買えない...という方に朗報です!今回は5,000円台で買える赤軸メカニカルキーボードを購入したのでご紹介していきます。

記事公開日:2021/12/03 作成

目次

 コンパクトメカニカルキーボード

f:id:iwashi53:20211130151801j:plain

今回購入したのは、【コンパクトメカニカルキーボードDN-915975】 です。手が出やすい価格かつコンパクトでありながらメカニカルキーボードに必要な機能はしっかり備えている優れものです。

ゲーミングキーボードらしくしっかり光るのでテンションもあがります😆

上海問屋で購入

f:id:iwashi53:20211117130149j:plain

メカニカルキーボードはドスパラ通販ウェブサイト内の【上海問屋(しゃんはいどんや)】 で購入しました。

PC関連のグッズが多く販売されており、今回のコンパクトメカニカルキーボードの様な珍しい商品も数多く取り扱われているので、見ているだけでも面白いショップです。私は今年に入り上海問屋で10製品ほど購入しました。1000円以下~数千円で購入できる製品が結構あるので気軽に面白そうな製品を購入して試しています。

b2s.hatenablog.com

コンパクトな本体

f:id:iwashi53:20211130152659j:plain

商品が届き開封してまず1番に思ったのがやはりその大きさです。テンキーが付いていないメカニカルキーボードは珍しくありませんが、ここまでコンパクトなものは見たことがないです😲

端っこまでぎっしりキーが配置されており、一切の無駄がないフォルムにはどこか美しさも感じます。

f:id:iwashi53:20211130153021j:plain

私が以前使っていたRazerのCynosa Lite JPと比べてみました。これだけ大きさが違うと机の上のスペースが狭い方でも安心して使用する事が出来そうですね。

また一般的なキーボードより小さい事で使いづらさはないのかと思われますが、上記画像の通りキーの大きさとその間隔は普通のキーボードと全く同じなので、普段通りのタイピング感で使用する事が出来ます。

実際私も違和感なくこちらのキーボードに移行する事が出来ました。

f:id:iwashi53:20211130153839j:plain

またこの様にコンパクト故にノートPCでも快適に利用する事が出来ます。私はノートPCのパンタグラフキーボード(薄っぺらい奴)が苦手なので、今回のメカニカルキーボードを接続してストレスフリーにタイピングやゲームが出来るのは嬉しいポイントです。

犠牲になったキー

f:id:iwashi53:20211130154731j:plain

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?ic=465948&lf=0

テンキーがない事には触れましたが、よく見るとファンクションキーもついていませんね。例えばブラウザの更新でF5を使いたい時などは右下のFNキーと数字の5キーを同時押しする事でF5を入力する事が出来ます。

他にもファンクションキー+αで様々な操作が出来るようです。

また左上に日本語とアルファベットを切り替えるのに使う半角/全角キーがついていないので、切り替えたい時は右上のE/Jキーもしくは左Shift上のCAPSキーを使う事になります。これは慣れるまで結構時間がかかって、私はESCキーを何度も誤爆押ししてしまいました😅

青く光るのがカッコいい!

f:id:iwashi53:20211130160343g:plain

※実際にはもっと滑らかに動きます

キーボードを繋ぐと綺麗な青色に光ります。光り方のパターンや光の流れる速度、また明るさやオンオフなども専用ソフトなどを使う事なくFnキーを用いた入力だけで変更することが出来ます。私が確認したところ8パターンあったので気分によって変えると飽きずに使いつづけられそうですね。

個人的には入力したキーから光が伝播していくパターンが気に入ってます!

f:id:iwashi53:20211130161131g:plain

※実際にはもっと滑らかに動きます

赤軸の滑らかなキータッチ

f:id:iwashi53:20211203113611j:plain

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?ic=465948&lf=0

メカニカルキーボードは1つ1つのキーにそれぞれ独立したスイッチやバネが搭載されているのが特徴です。軸と呼ばれるキースイッチには代表的なもので赤軸・青軸・茶軸などといった種類がありますが、今回のメカニカルキーボードは赤軸が採用されています。

赤軸の主な特徴は軽いキータッチと静穏性です。軽いといってもしっかりタイピング感はあるので打っていて心地よさがあります。カタカタと入力しているだけで楽しくなるのでブログを書くのも捗りますね😁

長時間の使用でも疲れにくいのが高評価です。ただ静穏性といっても全く音がない訳ではないのでご注意を。特に今回レビューしている「DN-915975」は赤軸の中でも結構音がするほうです。安価なメンブレン式と比べるとタイピング音はかなり大きくなるので静穏性を重視する方には不向きです。

ゲーミング性能もピカイチ!

ゲーミングキーボードの特徴は光るだけではありません。先述した赤軸スイッチは滑らかなだけではなく、反応速度も速いのでコンマ1秒の動きで勝敗が決まるFPSゲームなどで真価を発揮します。

また本キーボードはNキーロールオーバー&アンチゴーストなので、全てのキーを同時押ししてもそれぞれ認識し、また誤入力を起こす事もありません。素早く複数のキーを入力して建築や編集をするFortniteやMMORPGゲームなど様々なゲームを快適にプレイする事が出来そうですね。

細部の拘りもGood!

f:id:iwashi53:20211203115142j:plain

安価でありながら基礎スペックが高いキーボードですが、細かい所まで拘ってあります。それぞれの列のキーはフラットにならんでいる訳ではなく、少し傾斜が付いていてタイピングやゲームの操作がしやすいように配慮されています。

f:id:iwashi53:20211203115442j:plain

裏面には四隅に滑り止めが付いている他、奥側の高さを上げる事が出来る足も付いており、使用者にあった使い方が出来るようになっています。

f:id:iwashi53:20211203115815j:plain

また交換用のキーキャップが付属していました。通常の配置では左手小指で押し辛いCTRLキーと、Aキーの左で比較的押しやすいCAPSキーを入れ替える事が出来ます。キーキャップを入れ替えてキーボード裏面のDIPスイッチを切り替える事で簡単にキーを入れ替える事が出来ます。

f:id:iwashi53:20211203120418j:plain

https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?ic=465948&lf=0

CTRLキーはゲームでしゃがむアクションなどが割り当てられている事が多く、また普段使いでもコピーペーストなど様々なショートカットで頻繁に使うの簡単に押せる位置に持ってこれるのは便利ですね。

メカニカルデビューにお勧め

メカニカルキーボードとしては破格の価格を誇る【コンパクトメカニカルキーボードDN-915975】 ですが、現在通常のキーボードを使っている人にメカニカルへの入門として最適な商品だと言えそうです。私は以前1,000円代の格安キーボードを使っており、その後メカニカル風メンブレンキーボードを長らく使っていました。今回初めてメカニカルキーボードを購入してしばらく使ってみましたが、通常のキーボードとは違った良さがありメカニカルキーボードへ俄然興味が湧いてきました。

興味がある方は是非購入して打鍵感や反応速度の違いを体感してみて下さい!

ドスパラ公式サイト

コスパNo.1メーカー。他社と似たようなスペックを比較すると大抵ドスパラの機種がコスパNo.1になります。

   

 

週間人気ゲーミングPC記事ランキング

<<TOPに戻る>>