💻Curation game[きゅれげ]🎮

E-sports向けのゲーミングPCやクリエイティブ用PCを中心に生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

【マウスコンピューター】G-Tune:Garage秋葉原店に行ってきました

今回はゲーミングPCとPCパーツの聖地「秋葉原」にあるマウスコンピューターの実店舗「G-Tune:Garage秋葉原店」を取材し、店舗の特長や活用方法を伺ってきました。初めてのゲーミングPC購入を検討中の方や、既にゲーミングPCを所有しているけど、買い換えを考えている方向けにマウスコンピューターG-Tune:Garageの魅力をお伝えします。

 目次

G-Tune:Garage秋葉原店について

www.g-tune.jp

G-Tune:Garage秋葉原店は長年営業を続けている店舗で5年前に現在の住所に移転しました。秋葉原駅からを出て徒歩5分ほどで訪問できる利便性の高い場所で営業しています。

秋葉原はPCメーカーやPCパーツショップが多数拠点を構える日本一の電気街です。マウスコンピューターは今回訪問したG-Tune:Garage秋葉原店以外にも秋葉原の駅近くに複数展開しており、2店舗目の秋葉原ダイレクトショップ。そしてヨドバシカメラ内でもの特設展示エリアがあります。

G-Tune:Garage秋葉原店の特長

マウスコンピューターはネットでのBTOパソコンの販売がかなり好調のようで、

昨年夏頃から定期的にセール iconを行うようになり、コスパの良いモデルも増えてきました。ネットでお得なモデルを探すだけでなく今回はマウスコンピューターの店舗を訪問するメリットや特長をG-Tune:Garage秋葉原店の川原店長に伺ってきました。

※本記事は2020年11月26日に取材を行っており、価格やスペックなどは取材日時点での情報です。最新情報については公式HPや店舗にてご確認ください。

製品を実際に見て触れることが出来る

実物をこの目で確認できるのは実店舗ならではのメリットです。キーボードの感触やPC本体の質感などを確かめられるのは購入にいたるプロセスを進めやすくなりますよね。

G-Tune:Garage秋葉原店ではゲーミングPCだけでなくクリエイター向けPCや家庭用PCなど幅広い製品が展示されていました。

一般向けのPCはゲーミングPCと比べるとかなりお手ごろな価格帯ですね。私も実家で母が使用するPCはマウスコンピューターのノートPCを勧めて実際に1年半ほど使用中です。

快適なゲームプレイに欠かせないゲーミングデバイスも複数販売されていて実際に触り心地を試せるようになっています。ゲーミングデバイスは高ければよいというわけでもなく、いかに使用者が違和感なく操作できるかや心地よさがあるかが大事だと教えて頂きました。ゲーミングキーボードでは右側のテンキーがない種類も販売されていてFPSやMOBA系をメインで遊ぶプレイヤーに好まれるそうです。

専門知識を備えている店舗スタッフの方に相談しながら製品を選ぶことが出来る

初めてゲーミングPCを購入をしようと検討中の方は、分からない事が多く悩んでしまいますよね。

特にBTOのゲーミングパソコンは機種が多く、カスタマイズも出来るので選択肢が豊富で決められない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マウスコンピューターの店舗では専門知識を備えたスタッフに色々と相談しながらPCを選んだりスペックのカスタマイズが出来ます。今回はゲーミングPC初心者の方向けに選び方や価格を抑えるポイントなどを伺ってきましたので紹介します。

【PCのスペックはどうやって選んだらいいの?】

遊びたいゲームやゲームのプレイスタイルによって必要なスペックは大きく変わってきます。例えばeスポーツ系の比較的軽めのゲームを最高画質でなくてよいから遊びたいという事であれば、ゲーミングPCの購入金額は抑えることが出来ます。

反対に重量級のゲームタイトルやレイトレーシングに対応したゲームを最高画質に近い設定やWQHD解像度であったり、144fps以上でプレイしたい場合は、ゲーミングPCのスペックも高くないといけないのでハイスペックなゲーミングPCが必要になってきます。144fps以上で表示させるには通常のモニタではなく144Hz対応のモニタも必要になります。

例:FortniteやAPEXなどバトロワ系のゲームが遊びたい。ゲーム実況配信やプレイ動画の投稿も興味があるのでチャレンジしてみたい。WordやExcelは使わないのでいらない。

ゲーミングPCのスペックを選ぶにあたり、重要なのはゲームタイトルごとの推奨スペックです。例えばFortniteの推奨スペック(動作環境)は以下の通りです。

Fortnite|推奨スペック

推奨スペックにはざっくりとした記載しかなかったり、基本的に古い世代のパーツが記載されているので、このあたりは店舗スタッフの方に最新モデルに置き換えると、どの製品になるのか確認するとよいですね。

コンシューマ機と異なりPCゲームではゲーム内で細かくゲームの画質設定を行うことが出来ます。その画質設定をPCスペックに応じて最適化することで予算を抑えたり逆にハイスペックなPCの性能を発揮できるようになるんです。

G-Tune:Garage秋葉原店の川原店長からはゲーミングPCの性能として「グラフィックスカードが最も重要で、その次にメモリ、最後にCPUという優先順位で選んだほうがよい」と教えて頂きました。確かにCPUだけCore™ i9やRyzen™ 9にしてもグラフィックスカードが釣り合っていないとゲーム中の画質やfpsは満足に上げることが出来ませんもんね。

超レア!台数限定のアウトレット品のコスパが凄い!

マウスコンピューターの実店舗では展示品を中心にアウトレット品として台数限定で販売されているモデルのコスパが凄いんです!取材日のアウトレット品はなんとG-TuneゲーミングPCの中で最も高級なフラグシップモデルが販売されていました!

上記のPCは新品だと数か月前まで30万円近くしたモデルだと記憶しています。

アウトレット品は保証も新品同様の1年保証が込みと記載があったので安心感もありますし、動作確認済みで新品同様なのでほしいスペックとほぼ一致するのであれば私も特価品を選ぶかもしれません。

注意点としてアウトレット品は台数も少なくタイミングによっては無いこともありえるでしょうから店舗を訪問した方限定のその日限りの掘り出し物といった程度に留めておきましょう。

取材で伺った日にはほかにもモニタが2種類1台限りの特価で販売されていましたよ!マウスコンピューターで販売されている「iiyama」モニタは長野県飯山市にある工場で製造している国産モニタでマウスコンピューターのブランドです。

既にマウスコンピューターのPCを所有している方へ

G-Tune:Garage秋葉原店ではマウスコンピューターのPCを購入済みの方でも活用できます。例えば購入したPCが不調になった際の相談やPCを持ち込んで修理の受付などが可能ですのでマウスコンピューターの店舗が近場にある方は是非活用したいですね。

他にもPCの挙動やPCパーツの事で分からないことがあれば専門知識のある店員に相談できますし、ゲーミングPCの買い替えタイミングなども相談出来ます。遊びたいゲームや現在のスペックによっては今すぐの買い替えをオススメしない場合もあるとの事で、プロしての責任感を感じました。

店内は消毒や清掃はもちろん、PCの相談や販売を行うにあたり近距離で話す場面があるため店員のフェイスシールド着用やアクリルパネルの設置など感染防止対策はバッチリです。

マル秘情報!?ダイレクトショップ直送モデル

取材の中で店長さんに「ダイレクトショップ直送モデル」なる限定品の存在を教えてもらいました。この直送モデルはマウスコンピューターの公式ページにあるのですが少し階層が深いので知らない方が多いそうです。私も初めて知りました!

 【ダイレクトショップ直送モデル一覧】 icon

 ダイレクトショップ直送モデルは店舗を訪れずにネット経由で購入できるPCです。特徴としてそれぞれ1台限りではあるものの、

  • 午後3時までの注文で当日出荷

ゲーミングPCは出荷までの日数が長い場合が多いんです。特に品薄の人気パーツが搭載されているモデルや繁忙期はその傾向が強まります。

  • 配送料も半額または0円

ゲーミングPCは大抵2,000円から3,000円の配送料がかかりますが、それが安くなるのはお得ですね!

  • 構成が変更できる場合も

1台限りなどの台数限定モデルはスペックのカスタマイズは出来ない事がほとんどなのですが、カスタマイズが出来る場合もあるそうなので要相談です!

ダイレクトショップ直送モデルとして展示されているPCはタイミングによってまちまちですがゲーミングPCからクリエイター向け、一般向けなど幅広いそうです。製品の状態も新品やアウトレット品などがあります。

 

マウスコンピューターではセールが開催中

 マウスコンピューター期間限定セール

昨年よりセールを行うようになり以前と比べてお得なモデルも増えてきています。ゲーミングデスクトップPCの上位機種は高級家電のような佇まいで人気がありますね。

セールについては実店舗での購入にも適用されます。

RTX2000番台に関しては販売終息に向けて非常にコスパが良くなってきており、セールモデルはかなり売れているそうです。実店舗でのセール品の一部は人気の構成に初めからアップグレードされているモデルもあるそうで、今回の上記画像ですとSSDの容量が256GBから512GBに最初からカスタマイズされて販売されています。

確かに一つのゲームクライアントだけで100GBを超えるタイトルも出てきた現状では256GBという容量は心もとないですからね。7-8万円のエントリークラスを除いてSSDは512GBにされるのを私も推奨します。

G-Tune:Garage秋葉原店を訪問取材してみて

取材でG-Tune:Garage秋葉原店に伺ってみると、店舗自体の面積はさほど広くないものの、ゲーミングPCだけでなく、クリエイター向けや一般向けのPCまで展示されていました。

来店されるユーザー層はかなり幅広い層の方が来店されるとの事で、取材時も外国の方や50代前後と思わしきご夫婦が来店されていましたよ。

クリエイター向けブランドDAIVの購入相談もあるそうで、こちらはプロフェッショナル用途としてスタジオで4K・8K画質で使用する50万円~60万円級の超ハイエンドモデルについても動画制作の知識が深い川原店長のほうで対応しており、購入後に「相談してよかった」と言っていただけるのがやりがいだと言っていました。

川原店長に色々と話を伺ってみた感想としては私のようなゲーマーやこれからPCゲームに挑戦したいと来店された方にしっかりと誠意ある対応を普段からされているんだろうなぁという印象を受けましたね。

法人向けやクリエイター向けPCも好調ということは信用や信頼性がマウスコンピューターのPCに備わっていないと成り立たないはずなので、安心してゲーミングPCも購入できます。

G-Tune:Garage秋葉原 店舗情報

www.g-tune.jp


マウスコンピューター / TOP 

  • 住所:101-0021 東京都千代田区外神田3丁目13-7
  • 営業時間:11:30~20:00 
  • アクセス:秋葉原駅 徒歩5分

 

G-Tune 

週間人気ゲーミングPC記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>