Curation game[きゅれげ]

ビットコインやオンラインゲームなど生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

【ゲーミングPCレビュー】GALLERIA(ガレリア) ZZ【ドスパラ】

ドスパラ|ガレリアZZ|レビュー

ゲーミングPC大手のドスパラで販売されているハイグレードゲーミングPC「ガレリアZZ 9900K」の実機レビューを行いました。PCの外観/内観写真を始め、スペックやベンチマークテストそしてカスタマイズにも触れています。ハイスペックなゲーミングPCの購入を検討されている方必見です。

2019/02/13 作成
2019/03/02 キャンペーンなどの情報を更新
2019/04/21 スペックなどを確認

目次

ドスパラ公式サイト

ドスパラ はゲーミングPCのネット販売で有名な会社です。私が初めてゲーミングPCを購入したのもドスパラでした。2008年の事なので、もう10年以上昔ですね。9800GTXグラボを搭載したモデルを購入したのを覚えていて、2011年まで愛用していました。このブログを始めてからは度々ドスパラと他社と比較してきましたがスペックに対して価格が抑えられている傾向にありコスパの良いゲーミングPCがそろっています。販売台数が多い分、1台当たりの利益が少なくても成立するのかなと想像出来ます。

ガレリアZZ 9900Kについて

ドスパラ|ガレリアZZ|9900K

※上記画像は2019/02/08時点で取得しています。スペックや金額等は変更される可能性がございます。以降で記載するガレリアZZ 9900Kのスペックは記事作成時の情報ですので、ご検討の際は改めて公式サイトをご確認下さい。

 2019年2月08日現在、ドスパラのゲーミングPC人気ランキング3位になっている「ガレリアZG」を更にハイスペックにしたモデルが今回実機レビューを行う【ガレリアZZ 9900K】 です。価格.comアワード2018のパソコン部門で大賞に輝いた機種の後継機となっています。

2019/04/21時点で再度確認した際は2万円安くなっていました。

ガレリアZZのスペック

 まずは今回レビューを行うガレリアZZi9-9900Kのスペックを確認しましょう。

メインスペック
OS Windows10 Home 64bit
CPU Core i9-9900K
グラボ Geforce RTX2080Ti 11GB
メモリ 16GB DDR4 PC4-21300(8GB x2)
ストレージ 500GB SSD + 3TB HDD
電源 SILVERSTONE 750W 静音電源
(80PLUS PLATINUM / SST-ST75F-PT)
マザーボード インテル Z390 チップセット
その他スペック
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
カードリーダー SDカードリーダー[SD / Micro SD (SDXC対応)]
セキュリティ マカフィー・リブセーフ 12ヶ月 製品版
オフィスソフト なし(カスタマイズで追加可能)
キーボード GALLERIA Gaming Keyboard
マウス GALLERIA レーザーマウス
サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm
保証 保証期間1年

※2019/02/08時点

最高級モデルだけあって各種スペックが非常に豪華ですね!

CPUにi9-9900k、グラボにRTX2080Tiという贅沢な構成です。SSDもM.2規格の高速SSDを採用していてガレリアZGのSSDより読み書き共に2倍以上高速です。

そしてBTOゲーミングPCとしては珍しく電源のメーカーと型番が明記されています。販売価格に対してCPU、グラボ、メモリ、ストレージの4つは皆さん必ず確認されると思いますが、電源はPCパーツの知識がある方を除いてスルーされがちなため、他社ではハイエンドなモデルでもメーカーや型番を隠して廉価な電源を採用しているモデルが多いんですよね。

ガレリアZZ|電源

今回採用されているSilverStoneという電源メーカーはゲーミングPC用の電源で定評のあるメーカーです。最上級という評価ではありませんが、メーカーや型番を隠している電源より信頼性が高いのは間違いありません。私も以前使っていたゲーミングPCにはSilverStone製の電源をチョイスしました。より電源の信頼性を求める場合にはカスタマイズでCORSAIRの電源にアップグレードしましょう。

その他のスペックで気になった点としては、オプション品が最初からある程度付属している点です。光学ドライブやカードリーダーなどはゲーミング用途として頻繁に使うわけではないので別料金で追加しないといけないモデルも他社にはある中で、最初からコミなのはうれしいですね。

キーボードやマウスも他社では別料金な事が多いのですが、ちゃんと付属しています。

ドスパラ|キーボードマウス

キーボードとマウスはガレリアのオリジナルモデルのようですね。ガレリアZZの製品紹介ページでもアピールされていて、無料なのにしっかりとした作りになっていました。

※本体の値引きや主要スペックの無料アップグレードが開始された際に無料でついてこなくなる場合もあるようです。(トータルコスパ的には良くなっているので損をしているわけではありません。)新しいキーボードやマウスが必要な方は購入検討の際に製品仕様をご確認下さい。2019/04/21時点ではレビュー時から2万円安くなっている代わりにキーボードとマウスが付属していませんでした。

ドスパラに限らずBTOメーカーのゲーミングデスクトップPCはモニタSETと明記されていない限り、モニタはついていません。既存のモニタを再利用するかカスタマイズでモニタを追加しましょう。既存モニタを再利用する場合、接続コネクタが合うか製品ページのグラボ仕様欄の確認が必要です。

高解像度・高リフレッシュレートモニタのススメ

i9-9900K + RTX2080Tiというハイエンドな構成のガレリアZZは最新ゲームを最高設定で楽しめるのはもちろんですが、一般的なモニタのスペックである解像度1920x1080(フルHD)の60Hzモニタでは性能を持て余す場合があるので、高性能なモニタでのプレイをオススメします。

1920x1080(フルHD)より細かい解像度は主要な規格として2560x1440(WQHD)と3840x2160(4K)があります。リフレッシュレート(垂直走査周波数)はゲーミング用の高価なモデルにおいて144Hz(1秒間に144コマ描画出来る)をアピールするモニタがあります。

注意点として、最新の重たいPCゲーム(BF5やANTHEMなど)の場合、ゲーム内の画質設定を最高にすると4K画質だとi9-9900K+RTX2080Tiという豪華スペックでも常時144FPSは厳しいので、フルHDかWQHD解像度の144Hzモニタが良いでしょう。

ガレリアZZの外観

スペックを把握した所で、次はPC本体の外観をチェックしましょう。

【PC正面】

ガレリアZZ|正面

PC本体の正面には「GALLERIA」のロゴがついており、光が反射してかっこいいです。ゲーミングPCって結構大きいんですよね。私はゲーミングPCの所有が現在5台目ですが最初はびっくりしました。会社や自宅にある一般的なデスクトップPCの2倍くらいの大きさと重さがあります。ガレリアZZはおおよそ幅20cm、奥行き52cm、高さ45cmで重さが約14kgです。ガレリアZZがデカくて重たいわけではなくこれがゲーミングPCの一般的なサイズです。サイズが小さいと購入後のメンテナンスが大変なのと拡張性が劣るので私は大きなケースの方が好きです。

【PC背面】

ガレリアZZ|背面

USBポートは正面に2ポート(USB3.0)、背面に5ポートありました。背面のUSBポートは2.0が2ポート、3.0が4ポートでそのうちの一つはType-Cとなっています。グラボの出力端子は「HDMI、DisplayPort x3、USB Type-C」となっており、VR機器との接続が1本で済むようになる「Virtual Link」を搭載したVR機器が発売される予定なのでグラボに「USB Type-C」が搭載されているのは将来的なメリットがあります。

【側面】

ガレリアZZ|側面

側面は一部メッシュ構造になっており、カスタマイズでサイドパネルファンを内側に追加する事でCPUやグラボを効率よく冷却する事が可能です。

【上部】

ガレリアZZ|上部

上部もメッシュ構造になっています。こちらも追加でファンを搭載可能です。

ガレリアZZのPC内部

【サイドパネルを外した状態】

ガレリアZZ|内部

背面の大きな黒いねじを外してサイドパネルを横にずらすとPCの内部が確認できます。ケーブルはしっかりまとめられていました。

【グラボ】

ガレリアZZ|グラボ

ドスパラのゲーミングPCではPalit製のグラボが採用されています。ドスパラがPalit製グラボの国内で唯一の正規代理店となっており販売店でもあるため[輸入代理店⇒販売店間]のマージンがなく安価でグラボをユーザーに提供できる仕組みになっています。ドスパラのデスクトップゲーミングPCのコスパが良いのもこの仕組みが関係ありそうですね!

個体差が若干あるでしょうが、私が今回レビューしたガレリアZZ9900Kに搭載されているRTX2080Tiは非常に静かでした。複数種類のGTX1080Tiでベンチマークを回したことがありますがGTX1080Tiの方がうるさかったです。

【高速NVMeSSD】

ガレリアZZ|SSD

グラボとSSDの間には、ガレリアZZ 9900Kで採用されている高速NVMeSSD「970EVO」が搭載されていました。通常の安価なSATA接続SSDより更に高速な読み書きが可能でゲームの起動やロードがより短縮されます。NVMeSSDの中でも安い製品高い製品、色々とありますが「970EVO」は安価な製品の2倍近くする高級モデルですのでガレリアZZの構成に相応しいSSDとなっています。

【ストレージBOX】

ガレリアZZ|HDD取り出し

ガレリアZZで採用されているケースではHDDやSSDの着脱がつまみを引っ張ることで簡単に行えます。ストレージ着脱の頻度自体は多くないでしょうが便利な機能ですね。どこまで動くんだろうと思ってゆっくり引っ張るとスポッと全部取り外せますが、電源とデータ転送ケーブルが抜ける可能性がありますので、交換以外での引っ張りすぎには注意しましょう。

【配送時の梱包】

ガレリアZZ|発泡スチロール

外観やスペックと直接関係はないのですが、輸送時にPCを保護するための発泡スチロールに少しだけ触れます。私が受け取ったガレリアZZの梱包に使われていた緩衝材は一般的な発泡スチロールより柔らかく、多重構造で形成されていたのでより衝撃を吸収しやすくなっていました。PCは精密機械ですし、輸送時の故障リスクが0ではありません。もちろん輸送時の故障は初期不良として対応してくれますが、新しいゲーミングPCの受け取りが伸びてしまいます。

私が今使っているゲーミングPCは他社で2017年に購入したのですが、製品が到着して電源を入れても起動しませんでした。異音がするので中を見てみるとCPUクーラーが外れていて、自分で取り付けても結局起動しなかったので、送り返して再度戻ってくるまでに1週間以上かかってしまいました。そのPCを保護していた発泡スチロールは固い一般的な物でしたので、強い衝撃がかかった時に吸収しきれなかったのかもしれません。

スペックや価格以外の見えにくい部分にも配慮を行っているのは購入者にとってありがたいですね。

ガレリアZZのベンチマーク

少し脱線してしまいましたが、レビューに戻って次はベンチマークの結果を報告します。比較対象としていくつかのPCのスコアも掲載しています。解像度は全て1920x1080です。

【比較PCスペック】

1.Ryzen7 1700,GTX1060 6GB,メモリ16GB

2.Intel i7-8700,RTX2070,メモリ8GB

【3DMark TimeSpy】

ガレリアZZ|3DMARK

3DMark TimeSpyはDirectX12で動作するため最新ゲームをプレイする上で参考になるベンチマークです。結果は[12152]というスコアでした。他のベンチマークをネットでチェックしてみると旧世代のGTX1080Tiを大きく上回るスコアのようです。

  • GTX1060…4423
  • RTX2070…8686

私が以前にベンチマークを行ったGTX1060やRTX2070と比べても圧倒的スコアですね。

【FF14ベンチマーク】

ガレリアZZ|FF14ベンチ

ガレリアZZ 9900Kだと[21043]もでるんですね!比較PCのGTX1060とGTX1070TiはCPUにRyzenを搭載しています。FF14ベンチはRyzenCPUだとスコアが伸び悩むようです。

  • GTX1060…10001
  • GTX1080Ti…15000
  • RTX2070…17176

【FF15ベンチマーク】

ガレリアZZ|FF15ベンチ

FF15は負荷の高いゲームとして有名ですね。FF15ベンチではベンチマーク後にグラボごとの平均と比較できる機能が搭載されているのですが、こちらもGTX1080Tiを大きく上回るスコアでした。それよりもRTX2080Tiの平均が11784なのに対して、ガレリアZZは13122と1割近く高くなっていたのでCPUに高性能なi9-9900Kを採用しているのが影響しているのかもしれません。

ガレリアZZ|FF15ベンチ比較

【SSDベンチマーク】

ガレリアZZ|SSDベンチ

ガレリアZZ9900KではSSDに高級なNVMeSSDを採用しているので、どのくらい高速なのか測定してみました。左側の数値が読み込み速度、右側が書き込み速度を表しており、数値が高いほど高速です。めちゃくちゃ高速でビックリしました!どのくらい高速かというと、

【一般的なSSD】

【一般的なHDD】

HDDと比べると雲泥の差ですし、一般的なSATA接続のSSDと比べても更に高速になっています。

【SteamVRベンチマーク】

ガレリアZZ|VRベンチ

ガレリアZZのスペックであればVRも非常に快適です。このベンチマークは「テストされたフレーム」の数値を比較します。RTX2070の1.4倍ほどスコアが高くなっており最新VR機器やVRゲームも満喫出来ます。

  • GTX1060…10064
  • RTX2070…18752

ベンチマークはこのあたりにして、ガレリアZZ 9900Kで実際にゲームをプレイしてみます。

大流行中のAPEX LEGENDSをプレイ

ガレリアZZ|APEX LEGENDS

2019年02月05日にいきなり遊べるようになった無料バトロワゲームAPEX LEGENDは瞬く間に大人気となりTwitchなどでも1位の視聴者数となっています。

既に当ブログでもAPEX LEGENDSのスペックを解説していますが、要求スペックはあまり高くありません(GTX970)。

b2s.hatenablog.com

しかしゲーム内の画質設定が充実しているため、超ハイエンドゲーミングPCであるガレリアZZ 9900Kを使って最高設定でどこまでFPSが出るのか測定してみました。

画質設定を全て最高にして1920x1080解像度のモニタで1ゲームプレイした結果は平均FPSがなんと133となっていました。

私が普段使用しているGTX1060 6GB搭載のPCは推奨スペックを満たしているのですが設定をいくらか下げても平均45FPSくらいしか出ないので改めてガレリアZZの性能の高さを感じました。

他には「Fallout76」という2018年11月に発売された大型タイトルもガレリアZZで遊んでみましたが、こちらも平均FPSが122となっており、少し前の文章でオススメしたWQHD(2560x1440)解像度や144Hzに対応した高性能モニタを利用するとガレリアZZ9900Kのスペックをフルに楽しむことが出来ます。

 

みんなのゲーミングPC購入価格

今回ガレリアZZをレビューしましたが、ドスパラのゲーミングPCモデルは価格やスペックの種類が豊富なので、どれくらいのスペックにするか悩まれる方も多いかと思われます。参考までに皆さんのゲーミングPC購入価格を調べてみました。

ゲーミングPCの購入価格(2018/01/01~11/30)131台
10万円以下 10-15万円 15-20万円 20-25万円 25-30万円 30-35万円 35万円以上
7 22 60 30 5 3 4

ゲーミングPCの平均購入価格は18万8100円(税抜き)となりました。RTXグラボ発売前の半年間で集計した時は18万2800円だったので、最新グラボに乗り換えた方が平均価格を押しあげているようです。

モニタなどの周辺機器や延長保証などが含まれている場合もあり、カスタマイズ前の基本価格より購入価格の平均は若干高くなっていますが、比較的ハイスペックな構成が人気のようです。

また、RTX2080Tiが搭載されたゲーミングPCを所有しているのは、Steamのハードウェア調査によると2019年01月時点で0.15%未満となっており、ガレリアZZに搭載されているCPUのi9-9900Kと合わせると更に所有率は下がるでしょう。まさしく超ハイエンドと言ってよい【ガレリアZZ】 を所有すれば皆が羨望するゲーミング環境を手に入れることが出来ます。

ガレリアZZ i9-9900K レビューまとめ

RTX2080Tiと最新i9CPUが搭載されている【ガレリアZZ】 は、現在最も利用者の多いGTX1060ゲーミングPCとベンチマークスコアや実際のゲームプレイ感を比較した際に圧倒的に優れており、旧世代のGTX1080Tiを大きく上回る性能でした。最高のゲーミング環境を求める方にうってつけのPCと言えるでしょう。

最近のPCゲームはGTX1060やi7CPUを推奨動作環境に指定してくるタイトルが増えGTX1060では高画質で快適なゲームプレイが難しくなりつつあります。ゲーミングPCの買い直しや新規購入を検討されている方は、ガレリアZZ以外にも様々なモデルがあるドスパラをチェックしてみてはいかがでしょうか。

【ドスパラ公式サイト】

レビュー記事一覧

b2s.hatenablog.com

週間人気記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>