💻Curation game[きゅれげ]🎮

E-sports向けのゲーミングPCやクリエティブ用PCを中心に生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

【ドスパラ】期間限定の特価ゲーミングPCが発売開始!【コスパ最強】

【ドスパラ】期間限定の特価ゲーミングPCが発売開始!【コスパ最強】

ドスパラが期間限定でゲーミングPCの特価モデルを発売したので、調査してみました。

記事公開日:2020/09/18 作成

アイキャッチの画像利用元:ガレリア新ロゴ

目次

国内BTOゲーミングPC大手のドスパラが期間限定の特価モデルを発売

ドスパラ はゲーミングPCのネット販売で有名な会社です。私が初めてゲーミングPCを購入したのもドスパラでした。2008年の事なので、もう10年以上昔ですね。9800GTXグラボを搭載したモデルを購入したのを覚えていて、2011年まで愛用していました。2020年6月にはドスパラでゲーミングノートPCを購入しています。他にも4-5年前に流行したスティックPC購入時にドスパラのお得なアフターサービス「セーフティサービス」や「プレミアムサービス」にも加入したほか、PCパーツなどは複数回購入しています。

さて今回の記事テーマである期間限定特価ゲーミングPCは2機種です。

1台目は【ガレリア RM7C-G60S】

f:id:Lezza:20200918144246p:plain

この機種は筐体の新リニューアルから間もない時期に期間限定で販売されていた機種です。通常時はラインナップされておらず、メインスペックが同等のXA7C-G60Sと比べて2万円も安くなっています!!

【2万円高いXA7C-G60Sより優れている点】

・CPU
CPUがF付ではなくCPU内蔵GPUが搭載されているタイプなので万が一グラボが故障した時でも故障の切り分けや交換中でもPCが利用可能なんです。

【2万円高いXA7C-G60Sより劣っている点】

・電源
電源の容量が650Wではなく550Wになっています。購入時は影響がありませんが、購入から数年後にその時発売されているハイエンドなグラボに交換したいとなった場合、電源容量が足りない可能性が出てきます。

・FAN
フロントとトップのFANが搭載されておらずカスタマイズで追加も出来ません。

【2万円高いXA7C-G60Sとそれ以外に異なる点】

・PCケース及びマザーボードのサイズ
PCケースがRMシリーズなのでXAシリーズと比べて高さが約6cm短くなっています。マザーボードもマイクロATXかATXかの違いがあります。置くスペースがあるのであればPCケースは大きいに越したことはありませんがPCケースのサイズは好みがあるので良いとも悪いとも言えません。

メインスペックが同等のXA7C-G60Sと比べて2万円も安いのでコスパを重視する方は間違いなく期間限定の特価モデルの方がよいですね!

2台目はゲーミングノートPC【ガレリア GR1650TGF-T】

f:id:Lezza:20200918144302p:plain

こちらはドスパラの最安ゲーミングノートPCがスペックを見る限り変わらずに1万円安くなっています!GTX1650Ti搭載のノートPCでこの価格は破格ですね。この機種は先日レビューしたばかりです。

b2s.hatenablog.com

2020年2月以降コロナで製造や物流が滞り、テレワークでPC需要が高まったことで半年以上ゲーミングPCは値下がりどころか値上げ傾向にあっただけに今回の特価モデルはかなり買い時だと言えそうです。特に2機種ともミドルレンジとエントリー向けグラボを搭載しているため新グラボは当分先になり、最新世代を維持できる期間がハイエンドより長いのも魅力です。

ドスパラ公式サイト

コスパNo.1メーカー。他社と似たようなスペックを比較すると大抵ドスパラの機種がコスパNo.1になります。

 

週間人気ゲーミングPC記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>