💻Curation game[きゅれげ]🎮

E-sports向けのゲーミングPCやクリエティブ用PCを中心に生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

【Half-Life: Alyx】推奨スペック/必要動作環境【日本語表記】

Half-Life: Alyx|推奨スペック|必要最低動作環境

2020年03月にハーフライフの最新作がVRゲーム「Half-Life: Alyx」として発売されます。購入を検討されている方向けに推奨スペックと必要動作環境(CPU,グラボ、メモリ、HDD容量など)を解説していきます。

記事公開日:2020/01/06 作成
最終更新日:2020/04/13 更新4回目 最新情報に更新 ベンチマークを追加

アイキャッチ画像利用元:https://store.steampowered.com/app/546560/HalfLife_Alyx/

 

目次

Half-Life: Alyx 推奨動作環境/最低スペック表

  必要スペック 推奨スペック
OS Windows10
ストレージ 不明
CPU Intel i5-7500
AMD Ryzen5 1600
ー
メモリ 12GB
グラボ GTX1060 6GB ー

推奨スペックは公開されておらず、必要スペックのみ公開されていました。必要スペックで大型タイトルの推奨スペック並みなのでかなり重たいVRゲームのようですね。開発元のValveはゲームタイトルの推奨スペックを記載しない傾向にあるので発売日以降もこのまま推奨スペックが公開されないでしょう。

必要スペックがi5-7500ということはCPUはi7-7000番台以上。グラボは必要スペックがGTX1060 6GBなのでGTX1070Ti相当であるRTX2060以上が快適に遊ぶためのスペックとして必要になりそうです。

公式サイト/購入サイト

store.steampowered.com

www.half-life.com

 HTC-Viveを使用したベンチマーク

海外サイトでいくつかの構成でベンチマークを測定してので紹介します。
情報元:https://www.game-debate.com/news/28587/half-life-alyx-pc-performance-report-graphics-card-benchmarks

RTX2060

最高画質…平均77.4FPS
 高画質…平均83.2FPS
 中画質…平均82.3FPS
 低画質…平均82.7FPS

ベンチマークの測定方法が不明ですが画質の違いでFPSがあまり変わらないのは非常に珍しいですね。

GTX1060 6GB(i7-3770K)

最高画質…平均53.6FPS
 高画質…平均63.7FPS
 中画質…平均74.7FPS
 低画質…平均73.1FPS

2ランク程低い1世代前のグラボだと画質によるFPSの差が出ていますね。

現在使用しているPCのスペックを調べる方法

キーボードの右下(左下)にある「Windowsキーf:id:Lezza:20180908123235p:plain」と「R」キーを同時に押すと

f:id:Lezza:20180908123310p:plain

「ファイル名を指定して実行」が表示されます。そこに「dxdiag」と入力してOKを押すと

f:id:Lezza:20180908123725j:plain

「DirectX診断ツール」が起動します。最初に表示されている画面で

OS…オペレーティングシステム欄

CPU…プロセッサ欄

メモリ…メモリ欄

で現在のスペックを確認可能です。

グラボは「DirectX診断ツール」の上の方にある「ディスプレイ1」タブをクリックすると確認できます。

f:id:Lezza:20180908123939j:plain

おすすめゲーミングPC

2018年~2020年に発売された他のPCゲームと比較すると大型ゲームの推奨スペックがHalf-Life: Alyxの必要スペックになっているのでかなり要求スペックが高くなっていました。

公開された必要スペックを上回る最新モデルのゲーミングPC構成を何パターンか組んでみます。

 ※スペックや価格は掲載時の情報です。最新のスペックや価格は画像をクリックするか解説文のリンクから公式の製品ページにてご確認ください。

 

【安さ重視】

 

  • CPU :Ryzen7 3700X
  • GPU :RTX2060 SUPER 8GB
  • メモリ :16GB
  • SSD  :512GB NVMe SSD + HDD 2TB
  • 電源  :650W静音電源 80PLUS BRONZE
  • マザボ :X570

2019年7月に発売された最新グラボRTX2060SUPERと人気の最新AMD Ryzen7CPUを搭載した構成です。RTX2060SUPERはRTX2070と同等の性能となっています。

【ガレリアAXV】 が15万円を切る価格で販売されています。RTX2060SUPERとi7-9700を搭載したモデルはAXVより1万5千円も高いので、こちらのモデルの方がお得です。

 

【スペック重視】

 

  • CPU :i7-9700K
  • GPU :RTX2070 SUPER
  • メモリ :16GB
  • SSD  :500GB + HDD 2TB
  • 電源  :650W静音電源 80PLUS BRONZE
  • マザボ :B365

2019年7月に発売されたばかりのRTX2070SUPERを搭載した構成です。この構成までスペックが高まると数年間は最新ゲームがかなりの高設定で快適に遊べますし、今話題のVRゲームなども満喫できます。

同じくコスパの良いドスパラ で探してみると【人気1位モデル】 が税抜き16万5千円を切っています。発売されたばかりのグラボを搭載して全体的なスペックが高いにもかかわらずこの価格で販売されているのはすごいの一言です。RTX2070SUPERはRTX2070より10%ほど性能が高くGTX1080Tiに匹敵する性能なので、かなりハイスペックです。またレイトレーシングという新しい画像処理機能を搭載しており対応ゲームのグラフィックがよりキレイになります。直近で有名なタイトルだとBF5やCoD:MWなどが対応しています。

タイミングによってはポイントが多くもらえる代わりに価格が数千円高くなっていることもありますが、トータルの実質価格は変わりません。

ガレリアXFのカスタマイズ解説

この機種は私も実際は触ってみましたが、高性能なスペックに相応しい快適な動作でしたよ。

b2s.hatenablog.com

もちろん売れ筋のガレリアXFより更にハイエンドなゲーミングPCもあります。例えばCPUにi9-9900KS・グラボにRTX2080Tiを搭載した人気ランキング3位モデル【ガレリアZZ】 ですね。予算が許す場合は更なるハイエンドゲーミングPCもチェックしてみましょう。

みんなのゲーミングPC購入価格

いくつかのゲーミングPC構成パターンを紹介しましたが、PC構成の幅は広いですし予算との兼ね合いでどれくらいのスペックにするか悩まれる方も多いかと思われますので参考までにみんなのゲーミングPC購入価格を調べてみました。

ゲーミングPCの購入価格(2020年春)直近385台
10万円未満 10-14万円台 15-19万円台 20-24万円台 25-29万円台 30-34万円台 35万円以上
73 70 149 81 23 12 4

 ゲーミングPCの平均購入価格は15万2545円(税抜き)となりました。RTXグラボ発売から日が浅かった2019年3月に集計したときは平均18万9066円、前回の2019年秋の集計では平均16万2000円でしたので、購入ユーザーが求めるスペックに対して価格が安くなっていますね。かなりコスパが良くなってきて買い時のタイミングです。次回集計予定の2020年夏は再度上昇に転じる見込み(新製品での値上げ・コロナでのPC需要急増・夏のボーナスのため)です。

モニタなどの周辺機器や延長保証などが含まれている場合もあり、カスタマイズ前の基本価格より購入価格の平均は若干高くなっていると思われるのでRTXグラボを搭載したハイスペックな構成が人気のようです。

オススメゲーミングPCメーカー

最近の3DオンラインゲームはCPUにi5かi7。グラボはGTX1060が一般的でGTX1070やGTX1660を推奨動作環境に指定してくるタイトルも増えてきました。ゲーミングPCの買い直しや新規購入を検討されている方は、こちらのメーカーがオススメですよ。

ドスパラ

コスパNo.1メーカー。5社で似たようなスペックを比較すると大抵ドスパラの機種がコスパNo.1になります。

 

パソコン工房

 ときおりドスパラよりもお買い得なモデルがあるPC工房。ノートPCのコスパが良い傾向にあります。

フロンティア

セール品のお買い得度が高い。通常製品を選ぶ価値はあまりないかも。「○○ゲーム推奨PC」といった製品が多いがそのゲームのおまけがついてきたり、そのゲームが快適に遊べますよという事なので、お買い得な製品があれば、そのゲームを遊ぶ予定がなくても購入して問題ないです。

サイコム

徹底的にカスタマイズにこだわりたい方や、マザボや電源など各種パーツの製品名まで指定したい方などPC製品の知識がある方向けです。

マウスコンピューターなどその他ゲーミングPCメーカー

他にはマウスコンピューターやHP、DELL、ASUS、MSI、Razerなど色々なメーカーがゲーミングPCを販売していますが基本的にコスパが悪すぎるので省略します。

ドスパラ以外のメーカーを比較したい場合

スペックに対する価格を重視するとドスパラの製品が優秀なので、オススメPCとしてはドスパラのゲーミングPCを中心に紹介してきました。他のメーカーも気になる方は、こちらの比較記事をご覧ください。

b2s.hatenablog.com

b2s.hatenablog.com

2020年版ゲーミングPC考察

b2s.hatenablog.com

週間人気記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>