読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Curation game[きゅれげ]

ビットコインやオンラインゲームなど生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

Naverまとめ経過報告02

f:id:Lezza:20150521144151j:plain

今回はNaverまとめを初めて一ヶ月ほどの状況を報告。

 前回の記事

はじめに

最初に結論を書きますが、最初の一ヶ月は7まとめ作って報酬0円です(ToT)今回は失敗談がメインになりますので、スタートダッシュがきれた成功例を見たい方は別サイトをおすすめします、こういう失敗はしないようにという感じで見て頂けると幸いです。

一ヶ月の結果

  • 7まとめで一ヶ月のPVが150

悲しいです(笑)完全にやる気を無くしました。今考えると大きな失敗を何個かしてしまっているんです。

失敗1:需要が少なすぎた

主に海外ゲームの攻略に役立つサイトについて補足を入れながらまとめを作っていたんですが、そもそもそのゲームをやっている方が少なかったんです。

失敗2:ターゲッティングミス

Naverまとめと海外ゲームの攻略というのが相性悪すぎました。Naverまとめに来る層って失礼ですがITリテラシーが低く情報収集能力が優れているとはいえない層がメインだと思われるからです。海外ゲームをする人たちの多くは自力で他国語のサイトを翻訳して新鮮で質の高い情報を集める能力があるように感じます。そのような方たちがNaverまとめを見るとは思えないんですよね。ユーザー層が違います。

分かりやすい例を挙げると情報弱者はヤフーを見る。情報強者はGoogleで調べる。こんな感じではないでしょうか。

失敗3:ペラまとめ

内容がスカスカすぎました。トレンド系や速報系のまとめならともかく、攻略まとめですから内容が薄いのは致命的です。内容がスカスカでも一見さんが大量に来てくれればいいのですが、プレイ人口が少ない分ダメでした。Naverで10万PVを超えるような人気な記事でも「ぺらまとめ」は大量にあります。これも相性の問題と考えられるでしょう。

失敗4:SEO対策ができていなかった

これは内部と外部両方のSEOです。Naverまとめを作るに当たって、大きく二つの作り方がありまして、「外部流入(googleやYahooなどの検索)を狙って定期的にPVを得る」方法と「注目まとめを狙って一時的に大量のPVを得る」方法があります。最初の一ヶ月に作ったまとめは、どっちつかずになってしまいまともなPVを得ることができませんでした。

失敗5:拡散できなかった

Naverまとめだけに限りませんがPVを得るためにはTwitterやFacebook及びはてなぶっくまーくでの拡散が非常に重要なのはご存知の方も多いでしょう。検索上位にも引っかからない、注目まとめにものらない、ソーシャルでも話題になっていないではどんなによい記事でも宝の持ち腐れになってしまいます。

当時は、これらの原因が分からず「Naverまとめへの新規参入ってこんなものか」とがっかりしてしまい一ヶ月ほど完全放置の期間がありました。

今回はここまでです。次回は、初の報酬GET回!

スポンサーリンク

 

次のNaverまとめ経過報告

b2s.hatenablog.com