Curation game[きゅれげ]

ビットコインやオンラインゲームなど生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

Naverまとめ経過報告01

f:id:Lezza:20150521144151j:plain

今回からは実際にNaverまとめを始めてからの経過報告を記載します。

 前回の記事

 

b2s.hatenablog.com

 

アカウント取得

とても簡単です。フリーのメアドを用意(もしくは既にもっているメルアドを利用)プロフィール作成やら利用規約同意やらで数分完了します。ここは特に何も書くことはありませんね。

初めての記事作成

まとめ記事作成といっても、とってもシンプル。ネタさえ決まっていればブログを書くより簡単です。(まぁそのネタが重要だったりしますが)なんといっても出来ることが少ないんですね。7種類しか機能がありませんしとっても分かりやすい。

f:id:Lezza:20150524173517j:plain

  • 「リンク」リンクをのせる
  • 「画像」画像を載せるだけ
  • 「動画」Yotubeなどの動画を載せる
  • 「引用」他のサイトから引用する場合に使用します
  • 「Twitter」Twitterの文章や画像を引用できます。事前に自分のTwitterとNaverを連携させていないと使用できません。
  • 「テキスト」フォントが小さい文章を載せる事ができます。引用ではない自分自身の言葉はここで入力します
  • 「見出し」フォントが大きめの文章が書けます

100%使うのが「見出し」。全部使えるのが一番望ましいでしょうが「動画」は内容によっては難しいかもしれません。

操作自体もとてもシンプルで「どうしたらいいんだー」みたいな事は基本的にありません。「見出し」やら「画像」やらのパーツを1個1個作って完成させていくわけですが、例えば下の図のように、タイトルを入力する下の部分にアイテムを追加するボタンが最初から表示されていて、そこで「見出し」を作ると一番上に挿入されるのです。

 

f:id:Lezza:20150524173505j:plain

ですので、順番どおりに作らないとパーツを移動させるのに時間を食ってしまうんです。無計画にどんどんパーツを作ると面倒だなーと思っていました。しかし、既に作ったパーツの左側にマウスカーソルを合わせると…!

f:id:Lezza:20150524173445j:plain

「追加」というアイコンがピロっと表示されてその場所にパーツを追加できちゃうんです。最初の数日はこの機能を知りませんでした…。

何個か、まとめを作ってみる

先ほどの機能を使えば、まとめる内容さえ決まればボリューム次第ではありますが、入力自体は15分程度で1まとめ完成します。このような感じで、最初の2週間の間に「7まとめ」ほど作成しました。

今回はこのあたりでおしまい。次回は作ったまとめのPVがどうなったかをお伝えします。

スポンサーリンク

 

次の記事

 

b2s.hatenablog.com