Curation game[きゅれげ]

ビットコインやオンラインゲームなど生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

【Steam】既存ゲーミングPCのスペック【ハードウェア調査】

f:id:Lezza:20181023093216p:plain

このブログで、新作オンラインゲームの推奨スペックを何度も掲載してきましたが、その中にはSteamで販売されているタイトルも数多くあります。今回はSTEAM利用者の既存ゲーミングPCハードウェアスペックを確認してみましょう。

2018/10/23 作成
2019/04/06 更新

 目次

STEAMでメジャーなゲーミングPCスペック

種類 スペック 18/09割合 19/03割合 増減
OS Windows10 60.17% 66.92% 6.75%
CPU 3.3-3.69Ghz 23.09% 21.82% -1.27%
CPUコア数 4コア 58.95% 55.63% -3.32%
グラボ GTX1060 13.81% 14.99% 1.18%
グラボメモリ 2GB 23.34% 19.65% -3.69%
メモリ 8GB 39.25% 37.57% -1.68%
HDD 1TB以上 48.95% 49.18% 0.23%
HDD空き容量 250-499GB 24.03% 24.25% 0.22%
モニタ解像度 1920x1080 62.06% 61.19% -0.87%

情報参照元:https://store.steampowered.com/hwsurvey/

最も一般的なスペックは上記の表の通りとなります。やはり一般的なスペックはコスパの良いミドルレンジな構成になっています。この構成を新規で購入するとモニタ抜きで10万円弱かかります。

この記事を作成した際に調べた2018年09月分と更新時の2019年03月の割合を比較してみるとWindows10の割合が大きく増えていることからPCゲームユーザーのPC買い替えが進んでいることが分かりますね。

STEAMメジャースペックの詳細

次は各項目について詳しく分析していきましょう。

OS

f:id:Lezza:20180908121401p:plain

最新のWindowsはWindows10です。Windows10は発売から3年が経過していますがシェアが66%に達しているのは驚きました。10の前の8と8.1が非常に不評だったことも影響しているのかもしれません。8と8.1の利用者は合わせてわずか4%で更に古いWindows7の利用者は24%もいます。Windows7は人気でしたので、8をスキップしてWindows10のタイミングでゲーミングPCを買い替えた方が多いようですね。

Windowsシリーズは人気バージョンと外れバージョンを繰り返した歴史があります。Windows7の前のVistaは当時のローエンドグラフィック性能では重すぎるOSで不人気でしたしその前のWindowsXPは不動の地位を長年築いていました。

今後Windows11は発売されずWindows10をバージョンアップしていくようなので新OS待ちをする必要はありません。

HDD/SSD:保存容量

f:id:Lezza:20180908121555p:plain

HDDやSSDの容量は1TB以上が49%と約半数を占めています。HDDなのかSSDなのか、それともHDD+SSD構成なのかが分からないので一概に比較はできませんが、3位と4位の250-499GB、100-249GBはSSDとなります。HDD構成(もしくはHDD+SSD)が一般的ながらもゲーミングPCの構成でにSSD単体モデルを採用している方も一定層いる模様。最新のゲームは1タイトルで数十GBの容量が必要です。SSD単体構成の場合は最低でも240GB以上。出来れば500GBのSSDを積んでおくと容量に余裕が生まれます。

CPU

f:id:Lezza:20180908121727p:plain

CPUは製品名ではなく、クロック数(3.3-3.69Ghz 21%)とコア数(4コア 55%)の情報が公開されていました。クロック数とコア数からではintelだけでもどのシリーズなのか絞り切れません。他の構成から察するにintel i5シリーズがメジャーなのかなと予想されます。

CPUメーカーはこれまでIntel1強だしたが、2017年にAMDのRyzenシリーズが人気となりこちらは5シリーズでも6コアあります。2018年にintelから発売されたi5シリーズも6コアとなっており6コアと8コアのシェアが上昇しているので徐々にゲーミングPCの入れ替えが進んでいるようです。

メモリ

f:id:Lezza:20180908121906p:plain

メモリ8GBを推奨動作環境とする最新ゲームが多い中、既存のゲーミングPCも37%が8GBでした。次に多いのが16GBの32%です。思ったよりメモリ16GBの割合が高いなという印象です。16GB搭載しておけば、メモリにおいてスペック不足は起こらないと言えるでしょう。メモリは他のパーツよりも比較的安価でPC知識があまりなくても調べれば自身で増設できるパーツなので、それも16GBの割合が多いことに影響しているのかもしれません。

グラボ

f:id:Lezza:20180908122519p:plain

グラボ種類
2018/09 2019/03
割合 割合
GTX1060 14.0% 14.99%
GTX1050Ti 9.0% 9.3%
GTX1050 4.8% 5.1%
GTX1070 4.2% 4.5%
GTX960 3.5% 3.2%
GTX970 3.2% 2.9%
GTX750Ti 2.9% 2.6%
GTX1080 2.8% 2.8%
グラボ種類 割合 割合
RTX2060 - 0.26%
RTX2070 - 0.63%
RTX2080 - 0.48%
RTX2080Ti - 0.25%

グラボは去年の秋から順次最新グラボのRTXシリーズが発売されたので2世代前のGTX900シリーズはシェアが下がっています。GTX1060は2019年2月から発売されたGTX1660シリーズの影響で価格がかなり下がっていたのでシェアが更に伸びる形となりました。半年後も間違いなくGTX1060がシェア1位でしょうが伸びは鈍化し、RTXシリーズのシェアが伸びていくでしょう。


モニタ

f:id:Lezza:20181023102836p:plain

モニタは5年以上前からフルHD(1920x1080)の解像度がメジャーとなっており、メジャーな解像度は変わっていませんのでシェアも62%とかなり高くなっています。次に多い解像度が1366x768の13.5%とノートPC用の解像度が2位なのでゲーミングノートPCで遊ぶ方もいる模様。フルHDを上回る解像度は全体の8%程度で、1枚の高解像モニタよりも、2枚のフルHDデュアルモニタの方が便利です。

現在使用しているPCのスペックを調べる方法

キーボードの右下にある「Windowsキーf:id:Lezza:20180908123235p:plain」と「R」キーを同時に押すと

f:id:Lezza:20180908123310p:plain

「ファイル名を指定して実行」が表示されます。そこに「dxdiag」と入力してOKを押すと

f:id:Lezza:20180908123725j:plain

「DirectX診断ツール」が起動します。最初に表示されている画面で

OS…オペレーティングシステム欄

CPU…プロセッサ欄

メモリ…メモリ欄

で現在のスペックを確認可能です。

グラボは「DirectX診断ツール」の上の方にある「ディスプレイ1」タブをクリックすると確認できます。

f:id:Lezza:20180908123939j:plain

STEAMのメジャースペックまとめ

種類 スペック 割合
OS Windows10 66.92%
CPU 3.3-3.69Ghz 21.82%
CPUコア数 4コア 55.63%
グラボ GTX1060 14.99%
グラボメモリ 2GB 19.65%
メモリ 8GB 37.57%
HDD 1TB以上 49.18%
HDD空き容量 250-499GB 24.25%
モニタ解像度 1920x1080 61.19%

2018年~2019年に発売されたPCゲームの推奨スペックと比較するとぎりぎりなスペックとなっており、重たいゲームタイトルはゲーム画質を中以下に設定して遊ぶコスパ重視な構成がSteam利用者のメジャーなスペックでした。

参考までに新規で購入する場合の構成を組んでみます。

【コスパ重視】

  • CPU :Ryzen5 2600
  • GPU :GTX1660Ti 6GB
  • メモリ :8GB
  • SSD  :240GB以上

ゲーミングPCで有名なドスパラ だと【ガレリア RT5】 のコスパが優秀ですね。このモデルは2019年2月までセールとなっていた機種の後継モデルで、価格は据え置きのままグラボがGTX1060 6GBから発売されたばかりのGTX1660Tiにパワーアップしています。税込でも10万8千円で購入できます。(モニタなし)GTX1660TiはGTX1070と同等の性能となっており、価格を抑えながらも優秀なスペックとなっています。

 

【スペック・快適差重視】

  • CPU :i7-8700
  • GPU :RTX2060 6GB
  • メモリ :8GB
  • SSD  :500GB + HDD 2TB

2019年1月に発売された最新グラボRTX2060を搭載した構成です。GTX1070Tiと同等の性能+レイトレーシング機能が追加されています。一般的なフルHD解像度の60FPSモニタであれば十二分な性能です。【ドスパラRTX2060モデル】 が15万円を切る価格で販売されています。

2018年秋頃までドスパラ で人気1位だったGTX1070Ti搭載モデルが16万8千円なのでアッパーミドルレンジクラスのゲーミングPCを求めている層へのお得感が高まっています。予算が許すのであれば、カスタマイズでメモリを16GBにするとバランスがよくなります。

【よりハイスペックな構成】

  • CPU :i7-9700K
  • GPU :RTX2070
  • メモリ :16GB
  • SSD  :500GB + HDD 2TB

最新のグラボであるRTX2070を搭載した構成です。この構成までスペックが高まると数年間は最新ゲームがかなりの高設定で快適に遊べますし、今話題のVRゲームなども満喫できます。

同じくコスパの良いドスパラ で探してみると【ドスパラ人気1位モデル】 にメモリを16GBにアップグレードして19万円ほどになります。RTX2070はGTX1080以上の性能で、かなりハイスペックです。またレイトレーシングという新しい画像処理機能を搭載しており対応ゲームのグラフィックがよりキレイになります。直近で有名なタイトルだとBF5やMETRO EXODUSなどが対応しています。

私も実際に実機を使用しましたが、快適でしたよ!

b2s.hatenablog.com

【ハイエンドゲーミングノート】

  • CPU :i7-8750H
  • GPU :RTX2070
  • メモリ :8GB
  • SSD  :256GB + HDD 1TB

ゲーミングノートPCであれば、予算が許すのであればハイスペックなモデルを選ぶ事をオススメします。理由としては購入後にCPUやグラボの交換が出来ず数年後にゲームタイトルの推奨スペックが上がってきてもアップグレード出来ないためです。ですので、購入時点である程度高いスペックを購入しておくことで長く最新ゲームを快適に遊べるようにしたいですね。

ドスパラではRTX2070搭載の大画面液晶ノート が税抜き23万円で購入できます。ブランドもの(例えばMSIやASUS,DELL)などで同等スペックのゲーミングノートを購入しようとすると27万~30万円ほどするのでハイスペックでありながらも価格が抑えられたモデルとなっています。

 

オススメゲーミングPCメーカー

最近の3DオンラインゲームはGTX1060やi7CPUを推奨動作環境に指定してくるタイトルが増えてきています。ゲーミングPCの買い直しや新規購入を検討されている方は、こちらのメーカーがオススメですよ。

ドスパラ

コスパNo.1メーカー。5社で似たようなスペックを比較すると大抵ドスパラの機種がコスパNo.1になります。

マウスコンピューター

G-Tuneここ数年、知名度が急上昇しているBTOゲーミングPCメーカー。プロゲーマーとタイアップするなど様々なコンセプトを打ち出しています。

パソコン工房

 ときおりドスパラよりもお買い得なモデルがあるPC工房。ノートPCのコスパが良い傾向にあります。

フロンティア

セール品のお買い得度が高い。通常製品を選ぶ価値はあまりないかも。「○○ゲーム推奨PC」といった製品が多いがそのゲームのおまけがついてきたり、そのゲームが快適に遊べますよという事なので、お買い得な製品があれば、そのゲームを遊ぶ予定がなくても購入して問題ないです。

サイコム

徹底的にカスタマイズにこだわりたい方や、マザボや電源など各種パーツの製品名まで指定したい方などPC製品の知識がある方向けです。

b2s.hatenablog.com

 

週間人気記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>