Curation game[きゅれげ]

ビットコインやオンラインゲームなど生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

【Citadel: Forged With Fire】推奨スペック/必要動作環境

f:id:Lezza:20170805194003p:plain

2017年の7月26日にCitadel:Forged with FIre のアーリーアクセス版がSteamより1,984円で発売されました。このページでは推奨スペックの確認と解説を行います。

 目次

Citadel公式サイト

store.steampowered.com

Steamの製品公式ページを見ると1,984円(20%OFF)は2017/08/11までのようです。


Citadel推奨動作環境/最低スペック表

  最低動作環境 推奨動作環境
OS Windows7 以上
HDD 20GB以上の空き容量
CPU

2GHz以上

3GHz以上

メモリ 8GB 16GB
グラボ

GTX950以上

GTX970以上

※最低動作環境とはゲームが起動できるかどうかというレベルです。最低動作環境を満たしているからといって、快適に遊べるわけではないので注意して下さい。

PREY推奨動作環境・スペック解説

PREYの推奨動作環境について詳しく解説していきます。

OS

f:id:Lezza:20170809051643p:plain

OSはVistaでなければOKです。VistaのPCは発売が終わってから7年近く立っているので、ゲーム用途としては、それ以外のスペックも含めてかなり厳しいでしょう。Vistaの方は買い直しをオススメします。ちなみに64bit版onlyと書かれていませんので32bit版でも遊べるのかもしれませんが後述するメモリ容量の観点から32bit版はプレイが厳しいといえます。

HDD

「HDD 東芝」の画像検索結果

 

HDDの容量は20GBが必要と結構容量を必要としますね。最近の3Dオンラインゲームはクライアントの容量が数十GBするのが当たり前なので、SSDの場合は240GB以上の大容量のモデルを選んでおくと良いでしょう。SSDだとロード時間やゲームの起動時間が大幅に短縮されます。

CPU

「INTEL CPU」の画像検索結果

 CPUの表記はものすごくざっくりGHzと呼ばれるクロック速度のみが書かれています。マルチコア性能より単体のクロック速度が重要となるゲームのようです。

 

自分のCPUのGHzがわからない場合はWin7の場合、右下のWindowsのマークをクリックすると右下に表示される「プログラムとファイルの検索」に「Dxdiag」と入力して「Enterキー」を押して下さい。

f:id:Lezza:20170220221704p:plain

 

そうすると下の図のように「DirectX診断ツール」が起動するので、「システム」タブのプロセッサの所にいま使用しているCPUの処理速度(GHz)が表示されています。

f:id:Lezza:20170220222014j:plain

i3シリーズはまだしも、PentiumやCeleronと書かれていた場合は3Dゲーム用途ではかなり厳しい低性能CPUなので買い直しをオススメします。ゲーミングPC用途としてはi5もしくはi7をチョイスしましょう

メモリ

「メモリ」の画像検索結果

現在使用しているPCのメモリ容量のチェック方法は「Ctrl」「Shift」「Esc」の3つのキーを同時に押すと起動する「Windowsタスクマネージャ」で確認します。

f:id:Lezza:20170314230716p:plain

左下の「物理メモリ」の合計項目がPCのメモリ量です。この画像だと16,359となっているので16GBですね。(表示はMBなのでGBへの変換は1000分の1してください。)

Citadelはメモリの最低動作環境が8GB。推奨が16GBと、かなりメモリを食うゲームのようです。PCに搭載されているメモリの確認は上の画像の「物理メモリ」の合計部分を参照して下さい。

価格の安いPCや昔のPCはメモリが4GBの可能性があるので、必ずチェックしておきましょう。

メモリはPC初心者でも、最も簡単に増設できるパーツですので、自身が使用しているPCに合うメモリやメモリ増設の仕方をググったりすれば比較的簡単に容量を増やすことが出来ます。メモリだけスペックを満たしていなければご自身での増設も検討してみましょう。

グラボ

「GTX1060」の画像検索結果

公式の推奨環境で指定されているのはGTX970と1世代前のアッパーミドルモデルで、当時単体で4万円以上しました。GTX970を推奨スペックとしているのは、最新の3Dゲームの中では一般的かやや低い要求スペックといえます。

最新グラボのGTX1000シリーズですとGTX1060(単体価格28,000円前後)かGTX1070(単体価格48,000円前後)が搭載されているゲーミングPCが良いでしょう。

※GTX1060はメモリが「3GB」と「6GB」のモデルがあります。価格差で5,000円程度違いますので、必ず確認しましょう。

推奨スペックまとめ

2017年~2018年に発売された他のPCゲームと比較するとCPUの表記があいまいでメモリの要求スペックが高くなっていました。推奨スペックを満たすゲーミングPCを新しく購入する場合ですが、

【コスパ重視】

  • CPU :i7-8700
  • GPU :GTX1060 6GB
  • メモリ :8GB
  • SSD  :240GB以上

ゲーミングPCで有名なドスパラ だとセールやSSD容量などで価格が若干変動しますが14万円弱(モニタなし)で購入できます。【ドスパラ人気モデル】

【スペック・快適さ重視】

  • CPU :i7-8700
  • GPU :GTX1070Ti
  • メモリ :16GB
  • SSD  :400GB以上 

この構成までスペックが高まると数年間は最新ゲームがかなりの高設定で快適に遊べますし、今話題のVRゲームなども満喫できます。

ドスパラ でチェックすると、これよりストレージ性能(SSD+HDD)が優れたモデルにメモリをカスタマイズで16GBへ増やしても17万5千円を切る価格(モニタなし)で販売されていました。【ドスパラ人気ランキング1位モデル】

オススメゲーミングPC

p>最近の3DオンラインゲームはGTX1060やi7CPUを推奨動作環境に指定してくるタイトルが増えてきています。ゲーミングPCの買い直しや新規購入を検討されている方は、こちらのメーカーがオススメですよ。

ドスパラ

コスパNo.1メーカー。5社で似たようなスペックを比較すると大抵ドスパラの機種がコスパNo.1になります。

パソコン工房

 ときおりドスパラよりもお買い得なモデルがあるPC工房。低価格モデルでも電源周りは高性能なパーツを使用する傾向にあります。

マウスコンピュータ

プロゲーマーとタイアップしたゲーミングPCなど面白い企画があります。

フロンティア

セール品のお買い得度が高い。通常製品を選ぶ価値はあまりないかも。「○○ゲーム推奨PC」といった製品が多いがそのゲームのおまけがついてきたり、そのゲームが快適に遊べますよという事なので、お買い得な製品があれば、そのゲームを遊ぶ予定がなくても購入して問題ないです。

サイコム

徹底的にカスタマイズにこだわりたい方や、マザボや電源など各種パーツの製品名まで指定したい方などPC製品の知識がある方向けです。

各メーカー比較

b2s.hatenablog.com

週間人気記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>