Curation game[きゅれげ]

ビットコインやオンラインゲームなど生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

【bitFlyer Lightning FX】使い方【ビットフライヤー】

f:id:Lezza:20170918060941p:plain

bitFlyerのLightning画面の操作方法や使い方を解説します。

2017/09/20 完成

 目次

 公式ページ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerへのアカウント開設がまだの方は上のバナーから登録しましょう。

bitFlyer Lightning FX画面解説

f:id:Lezza:20170918062054j:plain

bitFlyer Lightningの画面はビットコインのトレードに必要な様々な情報がまとめて表示されている便利なページですが、FXや株取引が未経験の方は情報量の多さに戸惑ってしまうかと思われます。私も今年の2月にビットコインのトレードを始めたときは操作に慣れるのに時間がかかってしまいました。

このページではlightningのパーツごとに初めての方にも分かりやすい形で解説していきます。

1:板選択

f:id:Lezza:20170918062833j:plain

bitflyerLightning画面の左上には、取引板を選択するメニューがあります。現在表示されている板は下に白線が引かれています。2017年09月現在bitflyerには

  • BTC/JPY…ビットコイン現物板
  • BTCFX/JPY…ビットコインFX板
  • BTC/JPY-15…ビットコイン先物板
  • ETH/BTC…イーサリアムをビットコインで売買する板

の4つの板があります。現物とは円で実際にビットコインを購入する板です。それに対してFXは円に対するビットコインの値動きに対して上がるか下がるかを最大15倍のレバレッジで賭ける板です。なので実際にビットコインは所有できません。先物板とは決められた未来の期日に対して上がるか下がるかを予想する板です。取引量も少なく未来の事を予想しなくてはなりませんから玄人向けの板です。初心者の方が安易に取引するのはオススメしません。

最後の板はビットコインで仮想通貨時価総額2位のイーサリアムを購入する板です。円では購入できませんので、先に現物板でビットコインを購入してから取引する必要があります。また円に対する値動きではなく、ビットコインとイーサリアムに対する値動きなのでイーサリアムをビットコインで購入したとして、イーサリアムが値上がりしたけど、ビットコインは更に値上がりした状況では逆に損をしてしまいますので気をつけてください。

2:所有資産情報など

f:id:Lezza:20170918064352j:plain

画面右上には現在所有している資産に関する情報などを確認する項目があります。

左から現在所有しているビットコイン。bitflyerに入金されている円(現物口座)。レバレッジ取引口座の資産(証拠金)が表示されています。その横の4つマークは左からチャート図を別タブで開く。価格アラートの設定。お知らせ。口座情報となっています。

この場所はあまり使用しませんし、チェックもしないのでどんな情報やメニューがあるかだけ覚えておけばよいでしょう。

3:チャート

f:id:Lezza:20170919022030j:plain

 画面左側大部分を占めているのが過去の値動きを表示したチャート図です。取引を行うにあたり非常に重要な情報を収集することが可能で、様々なテクニカル分析機能や自身で線などを引いて独自の分析を行うことも可能です。チャートに関しては紹介する機能が多すぎるので今後別ページで解説します。

ーチャート解説ページ準備中ー

4:板情報

f:id:Lezza:20170919023058j:plain

中央に表示されているのは板情報です。bitFlyer上で参加者がbitcoinの注文をだしていてかつ、未成立の注文状況がまとめて表示されています。上の赤文字が売り注文、下の黄色い文字で表示されている値段と数量が買いの未成立注文です。

意外と気付いていない方が多いのですが、黄色い枠で囲っているところはボタンになっており、錠前のボタンを押すと板のロックが解除され表示しきれていない高値の売り注文や安値の買い注文をマウスホイールの上下で確認することができるようになります。その横のボタンは板をある程度まとめて表示してくれるボタンです。両方とももう一度押すと元の状態に戻ります。

反対側にある「スプレッド」とは為替FXのスプレッド手数料ではなく、最も安い売り注文と最も高い買い注文の価格差の事です。bitflyerのFX取引で発生する手数料は24時をまたいだいポジションに対して0.04%/日で発生するスワップ手数料のみです。

5:損益情報

f:id:Lezza:20170919031401j:plain

画面右上のほうには取引損益に関する情報がまとめられています。

  • 月次損益:その月のFX取引損益
  • 日時損益:本日の損益
  • トレード損益:日時損益とほぼ同じ
  • デルタ:きにしなくてよい、取引単位x金額などで求められる数値
  • ビットコイン:現物で所有しているビットコイン
  • 日本円:現物口座の円総額(FXで利用する証拠金口座に入っていない円)
  • 純資産総額:現物口座及び証拠金口座を合わせた資産額
  • 評価損益:もっているポジションの損益
  • 預入証拠金:証拠金口座の資産額
  • 必要証拠金:ポジションで使用している証拠金
  • 証拠金維持率:50%を切ると強制ロスカットされる。維持率の%が少ないほど危険。

重要なのは日次や月次の損益、そして持っているポジションの評価損益や証拠金維持率あたりです。

6:成立注文情報

f:id:Lezza:20170919033114j:plain

一番右上にはリアルタイムで成立した注文がどんどん流れていきます。数量の大きい注文などは相場の流れに影響を与えるので注意しておきたいところです。

7:ニュース欄

f:id:Lezza:20170919033324j:plain

右中央部分にはニュースやお知らせが表示されます。正直ここの項目は不要です。設定で消すことも可能で、私は非表示にしてます。

やり方は画面左上の横棒三本をクリック→「設定」→一番下までスクロールして「ニュースフィードの言語」から日本語のチェックを外す→横棒三本をクリック→「トレード」で元の画面に戻ります。

f:id:Lezza:20170919033740j:plain

ニュース欄を消すと、「6:成立注文情報」の大きさが2倍になって見やすくなりますのでおすすめの設定です。

設定項目の解説(別ページ)

bitflyer lightningの設定に関する解説はこちらです。

b2s.hatenablog.com

8:注文入力欄

f:id:Lezza:20170919035828j:plain

実際にbitflyer Lightning上でレバレッジ取引(FX)の注文入力を行う箇所です。

  • 指値:指定した価格で売り(買い)注文を出すことが出来ます。価格は直接入力してもよいし、左の取引板の価格や数量をクリックすることでその価格や数量を自動的に入力してくれる便利技もあります。
  • 成行:買いの場合は売り板の最も安い価格から順に、売りの場合は買い板の最も高い価格で自動的に注文を出すことができます。決めるのは数量だけです。
  • 特殊:新規注文と同時に決済注文をいれたり、価格変動によって決済価格を分岐させることが出来る特殊な注文が可能です。最初は指値か成行注文にしておきましょう。

上の画像は44万4194円で0.01BTC分の注文を出そうとしている所です。

 

9:注文及びポジション状況

f:id:Lezza:20170919035549j:plain

左下には自身の未成立の注文が「注文」タブに表示されます。注文の取り消しは左の「×」ボタンで行うことが出来ます。「建玉(たてぎょく)」タブには所有しているポジション(売りから入ったら売りのポジション、買いから入ったら買いのポジション)が表示されています。

f:id:Lezza:20170919035016p:plain

所持している建玉(ポジション)を決済するには同量の反対売買(売りポジションからはいったなら買いを行って初めて損益が確定する)を行う必要があります。取引数量の上の数字をクリックすると決済画面が開きますし、手動で「8:注文入力欄」から同数の反対売買を行ってもかまいません。

※bitFlyerではポジションの両建て(売りと買いのポジションを両方持つこと)が出来ません。売りからはいって買いのポジションを持ちたい場合は一度ポジションを決済する必要があります。

FXの両建て取引がしたい場合は複数ポジションの管理が出来る「Coincheck」がオススメです。
【Coincheck公式ページ】

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

10:取引履歴

f:id:Lezza:20170920064243j:plain

画面中央下には自身の取引履歴が表示されています。成立した注文の確認用ですね。

11:チャット欄

f:id:Lezza:20170920064531j:plain

画面右下はチャットが表示されています。取引所によって結構雰囲気が違ったりして面白いですよ。チャットにかかれる情報は玉石混同で大半が意味のないトークですが、たまに良い情報がおちてたりします。BITCOINトレードを始めたての頃はよく眺めていました。時々URLの記載があったりしますが、フィッシング詐欺のサイトなどもあったりするので、チャット欄に貼られたURLを安易にクリックするのはオススメしません。

 

以上がbitFlyer Lightningの使い方解説でした。

仮想通貨関連記事

b2s.hatenablog.com

週間人気記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>