Curation game[きゅれげ]

ビットコインやオンラインゲームなど生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

【bitFlyer】レバレッジ(FX)やりかた【ビットフライヤー】

f:id:Lezza:20170917164401j:plain

 

 bitflyer(ビットフライヤー)でのレバレッジ取引(FX)について、やり方を解説します。

2017/09/20 完成

2017/11/07 更新

 目次

 bitFliyer公式

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitflyerは日本最大規模のビットコイン取引所です。bitflyerに口座開設が完了している段階から解説しますので、まだ登録がお済でない方は、上の画像から登録を行ってください。

証拠金の補充

証拠金の解説

f:id:Lezza:20170917164849p:plain

bitFlyerにアカウントを作成して、口座開設完了後にbitflyerに銀行振り込みで円を入金すればbitFlyerのトップページに振り込んだ円が表示されています。この状態だとビットコインの現物(レバレッジを効かせずに実際にビットコインを所有する取引方法)取引は可能ですが、レバレッジ(FX)取引を行うことは出来ません。レバレッジ取引で使用する証拠金口座に振り込んだ円を移動させる必要があります。

トレード画面の起動

f:id:Lezza:20170917165309j:plain

bitFlyerのTOPページの左にメニューが表示されているので、上から6番目の「bitFlyer Lightning」をクリックして下さい。「bitflyer Lightning」とはbitflyer上のトレード画面で高機能なチャートや取引板及び自身のポジションやチャットなどが1画面にまとまっているページです。取引は基本的に「bitFlyer Lightning」で行います。

f:id:Lezza:20170917165749p:plain

上の黒い画面が「bitFlyer Lightning」の画面です。

証拠金口座への入金

f:id:Lezza:20170917170056j:plain

画面の左上に横三本線が書かれたボタンがメニューボタンです。ここをクリックすると様々なメニューが表示されるので、真ん中あたりの「入出金」をクリックして下さい。

f:id:Lezza:20170917170444j:plain

「入出金」ページの真ん中あたりに入出金に関する項目があります。ここでいう入出金とは、bitflyerの現物口座からレバレッジ(FX)取引で使用する口座への資産の移動の事を指しています。

…「評価証拠金」この項目がレバレッジ取引口座に入金している額です。レバレッジ取引の結果で増減します。

…証拠金口座に預け入れを行う入力欄です。bitflyerに振り込んだ円や何らかの方法で入手してbitFlyerに預けてあるビットコインも証拠金として利用可能です。

f:id:Lezza:20170917170929p:plain
今bitflyerにいくら円があるのかを確認したい場合は画面右上の円マークを確認してください。画像の真ん中がbitFlyerの現物口座にある円の残高です。一番右はレバレッジ口座に預けている証拠金の資産額です。一番左は現物で保有しているビットコインの数量を表しています。

通常口座とレバレッジ証拠金口座への円やビットコインの移動に手数料はかかりません。また先ほどビットコインも証拠金として利用できると解説しましたが、ビットコインを証拠金として利用するのはビットコインが値下がりする局面において非常にリスクが高くなります。ビットコインが値下がりすると証拠金の評価額が下がることになりますので、その状態で値上がりするほうにレバレッジ取引で賭けてしまった場合、証拠金維持率の減少スピードが速まり強制ロスカットされるリスクが高まってしまいます。逆に値上がりしているときはハイリターンとなりますが、まずは証拠金で利用するのは円にしておきましょう

…証拠金口座から現物の口座に戻す場合はここから入力します。証拠金口座から直接円を引き落としすることは出来ませんので、円の引き出しやビットコインを他の取引所に移動したい場合は現物口座に移動させる必要があります。

入金が完了したら、左上の横棒三本をクリックして「トレード」をクリックすると元の画面に戻れます。

bitFlyer Lightning画面の使い方解説

b2s.hatenablog.com

 

FXも株も未経験の方は初めてLightningのトレード画面を開いた時に情報量が多すぎてどこをどうみたらいいのか分からなくなってしまうでしょう。実際に取引を行う前にLightningの画面を解説したページを作りましたので、そちらをチェックしておきましょう。

ビットフライヤーでレバレッジ(FX)取引を行う

レバレッジ板の表示

f:id:Lezza:20170917172830j:plain

bitFlyerは現物とレバレッジ(FX)の取引板が別々となっており、ビットコインの値段も異なります。bitFlyer Lightning画面の上の方に現在表示している板が白く表示されているのでレバレッジ取引を行う場合は左から2番目の「BTC-FX/JPY」をクリックして下さい。

レバレッジ倍率の設定

f:id:Lezza:20170920083143j:plain

bitflyer Lightningの画面で証拠金などの情報が表示されている場所があります。黄色い四角で囲っている所に現在のレバレッジ倍率が表示されています。デフォルトですと15倍になっています。bitflyerのレバレッジは最大15倍ですが、15倍というレバレッジ倍率は値動きの激しいビットコイン相場において非常にハイリスクハイリターンな倍率です。FXを始めたての方は相場や取引に慣れる為にも低い倍率に変更しておきましょう。

倍率の所をクリックすると設定画面が表示され倍率の変更が可能となります。

f:id:Lezza:20170920083947j:plain

設定画面を下にスクロールすると、「レバレッジ倍率」という設定項目がありますので、ここで倍率の変更が可能です。初心者の方は3倍や5倍あたりが良いかもしれません。設定が終わったら左上の横棒3本マークをクリックして「トレード」を選択すると元の画面に戻れます。

そのほかにも色々な設定が可能ですので、一度目を通しておくと良いかもしれません。

設定項目の解説

b2s.hatenablog.com

 

実際に注文を行う

f:id:Lezza:20170920085011p:plain

注文はbitflyer Lihgtning中央付近にある上記画像の箇所で行います。

数量とは注文するビットコインの量です。価格は注文したいビットコインの価格ですね。

上記画像ですと、438,853円で0.01BTC分の注文が出せる状態です。この状態で「売り」もしくは「買い」のボタンを押すと注文を発注します。

注文方法は大きく分けて「指値」「成行」「特殊」の3つがあります。

「指値」とは自分で注文価格を設定する注文方法です。

但し指値注文は指定した価格と相場の動き次第では、注文が確定しません。例えば現在のBTC価格が48万円なのに対し、47万円で指値を使って買い注文を出したときに、BTCの価格が47万円以下にならなければ注文は成立しませんので注意が必要です。

「成行」は価格を指定せず買いの場合は最も安い売り板から、逆に売りの場合は最も高い買い板から自動的に注文し成立します。指値と違い必ず注文が成立します。但し急激に相場が動いているときに成行注文をすると思わぬ価格で注文が成立してしまう場合があるので注意しましょう。

指定した金額で売買したい場合は「指値」。即時に注文を確定させたい場合は「成行」を使用しましょう。

最後の「特殊」は新規注文と同時に決済注文を同時に設定したり、価格トリガーを設定してこの価格になればこの価格で決済するなどといった事が可能です。やや複雑ですので、初心者の方はまずは「指値」や「成行」で注文してみましょう。

注文状況の確認

f:id:Lezza:20170920090608p:plain

注文を行ったら、その注文が成立したか確認してみましょう。Lightning画面の左下に注文状況を確認する箇所があります。

「注文」の欄に表示されている注文はまだ未成立の注文です。

上の画像はビットコインの相場が436800円なのに対して、434821円で買い注文を出しているので注文が成立していません。注文を取り消したければ、日付横の「×」マークをおすと未成立の注文を取り消すことが可能です。

逆に成立した注文は

f:id:Lezza:20170920091126p:plain

Lightning画面下の「取引履歴」に表示されています。

注文したポジションの損益確認とポジション決済

f:id:Lezza:20170920091345j:plain

先ほど、未成立の注文を確認した場所に「建玉」というタブがありますので、そこをクリックすると注文したポジションの損益情報が表示されます。

上の画像ですと、1日前に数回にわたり注文を出し、平均455,959円で0.15BTC分の買いポジションをもった状態です。平均購入価格が455,959円なのに対して、現在の相場は43,6000円台なので評価損益はマイナスとなっています。

f:id:Lezza:20170920091754p:plain

画面右上の証拠金情報をみると証拠金維持率が100%を切りかけており、よろしくない状態です。bitflyerでは証拠金維持率が100%を切ると新規注文が出来なくなり、50%を切ると強制的に反対売買が行われ損失が確定します。

証拠金の倍率が高いほど賭けたほうと逆に相場が振れてしまったときに減っていく証拠金維持率のスピードが速くなるので、レバレッジ5倍の時の証拠金維持率100%とレバレッジ15倍の時の100%は安全度が異なります。低レバレッジの方が儲けにくい分、リスクが抑えられていると考えてください。

ちなみにbitflyerではFXの両建て(売りと買いの両方のポジションを同時にもつ事)は出来ませんし、ポジションは一括で管理されてしまいます。複数ポジションや両建てを行いたい場合は国内大手取引所の「Coincheck」で行えます。

話をbitflyerに戻します。ポジションを持っただけでは、損益は確定しません。同量の反対売買を行うことで、損益が確定します。反対売買を行うには手動で注文欄から注文しても構いませんし、

f:id:Lezza:20170920092500j:plain

建玉タブの黄色で囲ったあたりをクリックすると反対売買用の注文画面が表示されます。

以上がbitflyer Lightningでのビットコインレバレッジ(FX)取引の解説となります。

ビットコインのトレード及びFX取引は利益を生む可能性がある反面、思わぬ損失を出す場合もあります。自身の余力のある範囲で売買を行いましょう。

更なるハイレバに挑戦したい方へ

もっとリスクをとって収益率の上昇を狙いたい方は、GMOコインで国内最大の25倍レバレッジが可能です。

私が25倍レバレッジに挑戦した記録記事もUPしています。

b2s.hatenablog.com

 【GMOコイン公式サイト】

GMOインターネットグループの【GMOコイン】  

仮想通貨関連記事

b2s.hatenablog.com

週間人気記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>