Curation game[きゅれげ]

ビットコインやオンラインゲームなど生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

【ビットコインとは】初心者向け勉強解説動画【BITCOIN】

f:id:Lezza:20170602150849p:plain

 ビットコインに興味がある方。ビットコイン?怪しそう!と怪訝な見方をされている方向けにビットコインとは何かを解説した動画を紹介します。

目次

 ビットコイン解説動画

Youtubeで見つけた動画です。昨年2016年10月29日にNHKで放送された内容を転載しているようです。

youtu.be

半年以上前の放送で初心者向けに非常にわかりやすく解説している放送です。40分ほどの動画と少し長いですがビットコインについて知りたい方は是非御覧ください。またこの放送から2017/04月で半年が経過し一部古い情報や補足が必要な場面がありますので、そちらについては動画の時間軸に合わせて、このページで解説していきます。

補足・訂正情報

01分35秒~ 電気料金の支払いにビットコイン割引がスタート

例えば、国内大手の取引所「 coincheck」では、以下のような割引サービスを提供しています。

f:id:Lezza:20170411130550p:plain

ビットコインがもらえるプランと電気代を値引きする2つのプランがあるようです。各種支払媒体で電気料金の支払い登録をするとポイントの付与などを行ってくれるサービスがありますがビットコインを利用した場合の4-6%の割引はそれらを大きく上回る割引率といえます。

01分49秒~ MtGOX破綻事件

この事件は利用者から預かった金銭や仮想通貨と事業者自身の金銭の仮想通貨が明確に区分されておらず、事業者が不正に使い込んでしまったために起きた事件でした。

2017/04/01に改正資金決済法等の法案が施行され、取引業者に対して利用者の財産と事業者の財産を明確に区分する事が義務付けられるなど取引業者に対して監査の目が厳しくなっています。

平成29年4月から、「仮想通貨」に関する新しい制度が開始されます。(PDF:682KB)

03分05秒~ ビットコインは実物が存在せず、全て仮想の電子記録のみである

基本的には放送でアナウンサーがいったように実物の貨幣が存在せず、電子情報のみですが、ビットコインの情報が埋め込まれたコインや所有の証明を示す証書発行サービスなどもありますので、まったく実物が存在しないわけではありません。一般的に電子上で完結しているという事です。

ビットコインでの送金はわずか数十円

例えば、海外への取引所(ビットコインなどの仮想通貨を売買する場所)に送金する場合でも、たったの50円程度で送金できます。銀行経由で海外へ仮に1万円送金すると5,000円近い手数料が取られるので雲泥の差があります。

12分20秒~ 1万倍近い上昇

この放送時は1BTC=7万円ですが、2017/04現在は13万5千円付近です。数年で1万倍近く価値が上昇していますが、この先数年でまたビットコインが1万倍になることはありえません。数年で数倍~10倍程度を予想されている方が多い印象です。ビットコインという仮想通貨の暴騰が歴史として形成されてしまったので、それを絡めた詐欺が日本でも増えてきています。注意しましょう。[放送でも28分頃から注意喚起されています。]

★実物がないと見えないと信用できない

この放送でも何度もビットコインについての知識がない方が唱えているフレーズです。これについては現実の通貨についても「私達の生活の周りでも目に見えているお金は全体のお金のごく一部でしかなく、実際には巨額のお金が仮想(目に見えない状態)で動いている。」とわかりやすく放送にて解説しています。クレジットカードや電子マネーでの支払いが胡散臭い、信用ならないと言っているのと近い気がしませんか?20年前は電子マネーが当たり前のように普及しているとは考えられませんでしたよね。決済システムの転換期が訪れていると考えると良いでしょう。

24分18秒~ 法定通貨(日本では円)の方が信用度が高い

2017年04月01日に改正資金決済法等の法案が施行され、仮想通貨周りの法律が整備されました。不正利用されないよう個人や取引所に対してチェックや監査が強化されましたので、この放送時より日本においてビットコインの信用度が間違いなく上昇しています。

27分56秒~ 仲介取引会社

日本だと最大手(取引額順)は「BitFlyer」です。TVでもCMを流していますね。その次に大手と呼ばれるのが「CoinCheck」「Zaif」の2社です。他には外資の「Kraken」などがあり、それ以外にも日本国内だけで10社近くの取引所があります。

【国内取引所比較】

b2s.hatenablog.com

30分50秒~ 銀行が仮想通貨の技術(ブロックチェーン)を利用し始めた

銀行もこのままでは立場が危うくなるため積極的に仮想通貨へのシフトを進めています。

例えば、三菱UFJ銀行ではMUFJコインというプライベートな仮想通貨の発行しており、2017年の秋から一般向けにも公開される予定です。合わせてUFJ銀行がヨーロッパへの送金に既存の仮想通貨「Ripple」を使用すると2017年04月上旬に発表したことにより、仮想通貨のRippleは最大10倍近く値上がりしました。

以上が動画内容の補足でした。

NHKの「深読み」では経済の情報を中心に分かりやすく解説しています

毎週土曜 AM8:15~9:28

NHK 週刊 ニュース深読み

仮想通貨関連記事

b2s.hatenablog.com

週間人気記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>