Curation game[きゅれげ]

ビットコインやオンラインゲームなど生活の中で体験した事や調べた事をまとめています

【ビットコイン】仮想通貨元年【BITCOIN】

f:id:Lezza:20170602150923p:plain

 2017年04月01に日本でも仮想通貨の法案が施行され、ビットコインを中心とした仮想通貨が日本でも現実の貨幣に近い通貨だと定義付けられ本格的な仮想通貨の浸透が始まる歴史的な元年となります。

 目次

仮想通貨とは

”ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです。ビットコインは、「仮想」の「通貨」です。”

ー上記引用元:国内最大手仮想通貨取引所 Bitflyerより 

 仮想通貨なので円やドルのように紙幣や硬貨などの現物があるわけではありません(厳密にはビットコインの情報が埋め込まれたコインの発行サービスがあったり、ビットコインの所有情報を証書化する事も可能です。)後ほどメリットとして改めて解説しますが、現物化されていないため非常に流動的でスムーズな取引が可能となります。

ビットコインとは

ビットコインはサトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto) を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された

ー上記引用元:Wikipediaより 

 

ビットコインは仮想通貨(価値記録)です。仮想通貨ですが実際に価値を持っており、金に近い性質だと言われております。中央銀行や特定の企業のような発行体が無いのが特徴です。価値の源泉は人々の信用のみで、多くの人が価値があると信じているから価値が生まれます。

ビットコインはプログラム上で新規発行されます。上限は約2100万BTCと決まっており、改変することは不可能です。(厳密には大多数のマイナーが同意を得れば変更可能。)

上限が設定されているのはインフレを防ぐためであり、勝手に発行することはできず、新規発行のスピードも予めプログラムされています。

Bitcoinはビットコインの概念、プロトコル、取引ネットワーク全体を示す単語です。bitcoinはビットコインという通貨自体を示す単語です。

ー上記引用元:国内最大手仮想通貨取引所 Bitflyerより 

2017/04/10現在1ビットコイン=135000円です。ビットコインがスタートした2009年は1ビットコイン=1円以下だったので、その当時にビットコインを購入した人は億万長者になっています。例えばとある学生は仮想通貨の論文を執筆するために実際にビットコインを僅かな金額だけ購入し、そのまま放置していた所、何千万円にも価値が膨らんでおりそのお金で自宅を購入したそうです。

 仮想通貨及びビットコインの動画解説

b2s.hatenablog.com

ビットコインのメリット

1.流動性に優れた通貨である

仮想通貨は数十円の僅かな手数料で国際間取引が可能です。日本円だと同じ国内でも他の銀行に1万円振り込むだけで数百円の手数料が取られてしまいますよね。

2.送金/入金スピードが非常に早い

”別の銀行からあなたの利用する銀行へ小切手を送るときには、数日かかってしまいます。

それは信用調査に時間がかかるからです。同様に国際電信を使った送金にも長い時間がかかります。しかしビットコインであれば、かなり早い取引が可能です。

取引には「ゼロ確認」と呼ばれる即時取引が用いられ、ビットコインのブロックチェインによって確認が行われます。そうでなくても確認には10分ほどしかかかりませんので、どの銀行間取引よりも早いと言えるのです。"

ー上記引用元:ビットコインまとめより 

3.秘匿性に優れている

匿名性が高く、取引に個人情報が漏れるリスクがクレジットカードなどと比べて非常に低くなっています。これを悪用して悪人や犯罪者などの反社会勢力がマネーロンダリング用として日本円→ビットコイン→日本円などの方法で資金洗浄してきましたが、2017.04月の法律施行により取引所への登録に今までより厳しいチェックが行われるようになったため以前よりも監視の目が厳しくなっています。但し仮想通貨の仕組み上、情報漏えいリスクが少なく匿名性が高い取引が可能なので、他の決済システムに比べて安全といえるでしょう。最近はGoogle認証を使用した2段階認証システムも各種取引所で実装されはじめハッキング対策も進んでいます。

4.価値が上昇する可能性がある

f:id:Lezza:20170410164850j:plain

ビットコインの10万倍以上膨らんだという話は先程解説しましたが、直近で見ても2016年08月時点では1ビットコインが約6万円でした。2017年04月現在はそれが13万5000円なので約2倍ほど価値が上昇しています。ビットコイン界隈ではこれからまだ5倍にも10倍にもなると言う方もいます。私個人としてはそこまで上昇するかは不透明ですが2倍程度であれば現実的にありえるという認識です。日本でも徐々に認知度が広まってきており、つい先日ビックカメラにおいてもビットコインで買い物が出来るようになるニュースが出てビットコインの値上がりに寄与しました。

4.一般的な買い物においても消費者・販売者など双方にメリットがある

日本で一般的な決済方法は現金やクレジットカードそして電子マネーが一般的でしょう。その場で現金を持っていなくともクレジットカードやチャージ済みの電子マネーがあれば消費者は買い物が可能で、わざわざビットコインで決済する理由なんてないように感じるかもしれません。

しかしクレジットカードや電子マネーで決済された場合、販売者側はカード会社や電子マネーの会社に売上の3%~5%に当たる手数料を支払う必要があります。私は現金派だからそんなの関係ない!という方もいるかもしれません。ですが、そのお店がクレジットや電子マネーでの支払いが可能な場合、現金払いにおいても手数料分のしわ寄せはが来ている可能性があります。例を上げると現金で買ってもクレジットで購入しても値段が同じ場合は現金で購入したその商品はそのお店がクレジット払いされた時に支払う手数料も加味された値段設定になっているのです。

その点ビットコイン決済の場合、現在の主流サービスだと販売者側は1%程度の手数料負担で済むため、販売者側は同じ売上でも利益が上げやすくなり、消費者にもその一部が還元される形となるため双方にとってメリットのある決済システムと言えます。FXや株に数万投資していたとして、その投資金額で直接買い物はできませんよね。それが可能なのがビットコインなのです。

 

ビットコインのデメリット

1.価値が下がる可能性もある(特に短期的なスパンにおいて)

ビットコインは円やドル、そして元などの基軸通貨と比べるとまだまだ時価総額が小さく仮想通貨全体が発展や改革が続いている段階なので、様々な要因で急騰したり暴落したりするリスク(リターンともいえますが)があります。2017年だけでも大きな出来事で凄まじい値動きを示しており、2017年01月には中国当局が中国国内においてビットコインの現金化を規制してビットコインの価値が一時的に暴落したり、03月にはビットコインが2つに分裂する可能性が出てきたことにより価値が最大で3分の2以下まで値下がりしました。どちらもその後に値は戻しましたが短期的なスパンでは価値が急激に失いやすいまだまだ不安定な貨幣であるため全力でビットコインに投資するのはリスクもリターンも大きすぎるのが現状です。もちろん元本は保証されていませんし、投機的な側面での値動きも激しいため個人がFXなどのように自身の資金力に不釣り合いなハイレバレッジでの取引を行うと悲惨な目にあう可能性も十分にあります。ですが数年という長期のスパンでは大半の方が値上がりするという意見ですので、ビットコインや仮想通貨全体の成長を見守りつつ各々の余力のある範囲でビットコインへの投資がベターなのかもしれません。

ビットコインや仮想通貨の今後

 日本では、徐々に認知度、利用できるサービスや店舗など広がりつつありますが経済や金融リテラシーが高い人以外にはまだまだ知られていない(または名前を聞いたことがある程度)のが現状です。そのため数年かけてこれらが拡大していくとビットコイン自体の価値(値段)も上昇していくことが予想されます。

直近のニュースでいうと家電量販店大手の「ビックカメラ」が東京の2店舗でビットコインでの決済を7日よりスタートさせNHKのニュースで取り上げられました。

www3.nhk.or.jp

また、仮想通貨全体の時価総額は右肩上がりに上昇を続けていますがビットコインが仮想通貨全体に占める割合は徐々に減少してきています。今後は用途に応じた様々な仮想通貨が広がりを見せて仮想通貨が社会の一部となる日もそう遠い未来ではないと私は考えています。

個人的なビットコインへの取り組み

私がビットコインの取引を始めたのは、先駆者からかなり遅れて2017年02月に開始しました。それ以来、勉強や情報収集を重ねてローレバでのデイトレにチャレンジしています。損失を出す日ももちろんありますが2ヶ月間で日本円にして10%程度増やせました。

取引開始時は1BTCが139,000円。2017/04現在は135,000円ですのでデイトレを行わず単純に所有しているだけでは損をしている計算になります。余剰資産の一部という僅かな金額での投資ですので、デイトレに費やした時間を例えばバイトに当てていれば単純な金銭面では稼げていたでしょう。しかしデイトレに費やした時間は決して無駄とは思っておらずフィンテックを中心とした仮想通貨界隈や世界経済の知識力は格段に高まったので必ず今後の人生においてプラスとなっていると考えています。

これからビットコインへの投資を始める方も、まずは余力のある金額から挑戦することをオススメします。

2017年05月の仮想通貨元年ニュース

4月下旬からオルトコインが高騰し、GWにビットコインも価格を一気に1.5倍に上昇させました。オルトコインの中ではリップルがイーサリアムを抜き時価総額2位に上り詰め価格を数ヶ月で50倍近く上昇させています。リップルは日本のファンが多いのでリップル成金がたくさん生まれていることでしょう。

下旬にはFX日本最大手のGMOが仮想通貨取引所に参入してきます。これに対抗し現在国内で圧倒的シェアを誇り世界2位の取引高を誇るBitflyerは業界初のTVCMを打ち出しました。国内の取引所は大小含めて15以上あるので、生き残りをかけた熾烈な競争が繰り広げられそうです。

Coincheckのトレードビュー解説

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

b2s.hatenablog.com

仮想通貨関連カテゴリ

b2s.hatenablog.com

週間人気記事ランキング

 

<<TOPに戻る>>